家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME >家づくりクイズ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

家クイズ「入門編」



1、次のうち間違っているのはどれか

A、2X4構造はアメリカ発祥で強度がある。
B、在来工法は日本古来の伝統工法と同じ構造
C、鉄骨造は強度がるが被覆しないと火には弱い

2、次のうち間違っているのはどれか

A、寄棟屋根よりも切妻屋根の法が太陽光発電に適している。
B、オール電化は深夜電力を利用すると効率が良い
C、地盤調査は地盤が弱いと想定される土地だけ行えばよい。

3、次のうち間違っているのはどれか

A、敷地内の電柱は勝手に移動出来ない。
B、家を建てる敷地は4mの全面道路に2m以上接していなければならない。
C、建売住宅は注文住宅と同じ請負契約となる。
   正解はこちら
   s-ao.gif
続きを読む ≫
スポンサーサイト

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

家クイズ 構造編(2)



次の耐震構造問題うち、間違っているものはどれか

A、免震構造とは地盤から伝わる振動を少なくして建物に伝える装置を、地盤と建物の間に設置する。
B、制震構造とは、地震エネルギーを建物に取り付けた装置で吸収し、振動を軽減させる。
C、在来木造の耐震構造は柱の太さを基準とする。

次の地盤調査に関する問題で、正しいのはどれか

A、スウェーデンサウンディング調査は、住宅会社で一番多く採用されているんので最も信用できる。
B、地盤調査は必ず行い、そのデーターによっては基礎構造の改良や地盤改良をしなければならない。
C、地盤調査のデーターで地盤改良が必要であっても、施主の判断で必ずしも地盤改良をする必要は
  ない。

次の構造問題のうち、間違っているものはどれか

A、在来木造の耐力壁は、壁量と配置のバランスが重要となる。
B、2X4工法は構造的に優れているので、簡単に増築も出来る。
C、鉄筋コンクリート構造は、鉄筋とコンクリートの強度的弱点をお互いにカバーしている

   正解はこちら
   s-ao.gif
続きを読む ≫

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

家づくりクイズ<住宅の性能>



1、次のうち長期優良住宅の説明で正しいのは?

 A,長期優良住宅は、減税優遇のみで補助金は出ない。
 B,「フラット35S」を借り入れすると、認定長期優良住宅の場合、
   金利優遇(0.3%)期間が20年に延長される。
 C,長期優良住宅だと、建物の構造体が10年間保証される。

2、次のうち長期優良住宅のメリット説明で間違えているのは?

 A,耐震・断熱・バリアフリーなどの一定条件を満たした長持ち住宅
 B,200年住宅構想が基本なので、構造や設備に至るまで100年は長持ちする。
 C,住宅ローン控除が最大600万円まで拡充された。

3、住宅性能評価「品格法」の説明で正しいのはどれか?

 A,住宅性能評価を利用すると補助金が100万円出る。
 B,完成後のデーターが、基準を満たさない場合は、施工者は施主に対し
   補修または賠償しなければいけない。
 C,住宅性能評価の項目を施主は選択することが出来ない。

   正解はこちら
   s-ao.gif 
続きを読む ≫

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

家づくりクイズ<家の保証>



1、次のうち瑕疵(かし)担保保証保険の内容で正しいのはどれ?

A、瑕疵担保保証保険に加入しても建築業者が倒産した場合は保証の対象外となる。
B、瑕疵担保保証保険は、10年間主要構造部と雨漏れに対してのみ保証される。
C、築3年でキッチンの扉が外れてしまったので瑕疵担保保証保険を使用する。

2、次のうち住宅完成保証保険の内容で正しいのはどれ?

A、住宅の完成保証保険は全ての業者が加入しなければならない。
B、住宅の完成保証保険に入れば業者が工事途中で倒産しても他の業者が紹介され工事途中の
  金額は全て保証される。
C、住宅完成保証保険は加入業者の審査が厳しく、全ての業者が加入できるわけではない。

3、次のうちの住宅各部の保証に関して正しいのはどれ?

A,住宅は瑕疵担保保証保険以外の部分でも住宅会社や機器メーカーの保障期間で対応が違う。
B,住宅は建築業者とは一生のつきあいだから、瑕疵担保保証保険以外でもいつでも対応してくれる。
C,築12年めに屋根から雨漏れしたので、住宅会社の負担で直してもらう。

   正解はこちら
   s-ao.gif 
続きを読む ≫

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

家づくりクイズ<住宅建築の法律>



1、次のうち建設業の説明で正しいのは?

A、建設業登録がなくても、木造住宅の工事は1500万円未満または150平方メートル未満までは
  請負うことが出来る。
B、建設業登録がなくても、不動産協会に加入していれば1500万円以上の住宅を請負うことが出来る。
C、建設業登録業者は、選任管理者として宅地建物取引主任者を常駐させなければいけない。

2、次のうち防火、準防火地域の説明で正しいのは?

A、防火地域でも外壁を耐火認定材を使用すれば木造住宅が建てられる。
B、準防火地域の窓サッシに樹脂サッシを使用する。
C、準防火地域の天窓ガラスを網入りガラスにする。

3、次のうちの説明で間違えているのは?

A,店舗併用住宅(120㎡)のうち半分の60㎡を店舗にする。
B,学習塾を店舗併用住宅で建てる。
C,準工業地域に店舗併用住宅を建てる。

   正解はこちら
   s-ao.gif 
続きを読む ≫

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。