家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > ARCHIVE - 2015年05月
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

危険な階段
kato81.jpg
最近の住宅はリビングの吹抜け部におしゃれな階段が多くなりました。

しかし、階段は住いの中で最も事故が多く危険な場所ですから、デザインよりも安全性を重視すべきでしょう。

階段にはいくつかの種類がありますが、中でも安全性が低いのは、以下の3種類です。

・回り階段・・・折り返し階段の踊り場部分に4~5段ほどの段があり、一般的な一戸建てに多い。

・螺旋階段・・・1本の柱を中心に回転しているので、まっすぐ上下できる部分が無い。

     ・曲がり階段・・・階段の途中か上部でL字型に曲がっている。

■階段を安全にするには

階段の事故は、曲がる部分で多く発生しています。 それを防ぐには、学校や病院などの階段のように、折り返し部分を段のない踊り場にするのが一番です。

もし、そのための面積を確保できない場合、

・勾配をゆるやかにする

・滑りにくい素材を用いる

・足元照明を設置する

など、様々な安全対策が必要です。

一般的に、階段の安全について業者がっわからの説明はありません。

だからこそ、安全な住まいづくりのために、階段は事故の確率が高い場所であることを 認識して、打合せをすることです。

階段は、人体の安全だけでなく、引っ越しや模様替えの家具運搬などにも安全性を考え、余裕ある空間にしたいですね。

■事故の多い世代

年齢別にみると、階段事故件数が最も多いのは12歳以下の子供です。

一方、事故により最も重症化しやすいのは65歳以上の高齢者です。

高齢になると、筋力や視力の低下も念頭において、階段空間を考えましょう。

  いろいろな角度から、家族にとってベストな階段を探したいものですね。

  





スポンサーサイト
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

「ハウス」と「ホーム」の違い 
xa66mk.jpg
家を建てる上で、二つの言葉は一見似ているようですが、ハウスは「家、家屋、住宅」など、建物を意味し、一方、ホームは「わが家、自宅、家庭」といった家族の生活の場の家を意味します。

「そんなのどっちでも同じなんでは・・」と思いますよね。^^;

でも、それを意識してハウスメーカーの社名のどを見てみるのも面白いですよ。

・○○ハウスは、優れた住宅をつくることを重視している感じ。
・○○ホームは、そこで家族が幸せに暮らすことを重視している感じ。

そこまで深く考えた名称かはわかりませんが、私は「ホーム」に生活の温もりを感じて好きでっす。

また、契約した建設会社の社名が変わったいたりしたら、その由来など聞くのも楽しいかもしれません。


例えば、有名な企業名では、

・鳥居三兄弟が創設→三鳥居→「サントリー」

・石橋家→石橋を英訳→ブリッジストーン→「ブリジストン」

などがあります。

かといって、実際に家を建てる人には、社名よりも仕事の内容が重要ですよね。

「マイホーム」そこは帰宅すると、大切な家族と過ごすことによって、その疲れが癒されていきます。

「マイホーム」は人生の荒波を乗り切るための母港と言えます。

住いの構造や技術が優れているだけでなく、家族ライフスタイルに合った、理想とする生活空間が存在することが重要でしょう。

  





 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

空き家対策特別措置法
cbaf-e.jpg
ご無沙汰しました。目を患ったほかに、肺炎で入院しブログを5か月近く休んでしまいました。

さて、退院して近所を散歩したら、空き家が増えているのに驚きました。

昨年7月の総務省統計によると、日本全国で空き家の数は820万戸を突破しています。 これは、住宅全体の7軒に1軒は空き家ということです。

近所に古くなって劣化した空き家があると、何となく不安ですよね。

地震で崩壊しないか、ホームレスが利用しないか、放火されないか・・・と、周辺住民は安心して暮らしにくくなっています。

ということで、空き家問題解消として、「空き家対策特別措置法」が2月26日から施行されました。

古い住まいを相続するのも大変な時代になってきました。

実家を相続したものの、子世帯はそこに住む予定はない。 売却しようとしても、古いので買い手がつかない。 更地にすると、固定資産税が6倍になるので、節税のために放置するしかない・・・。」

でも、そうも言ってられなくなりそうです。 

現在、自治体ごとに空き家を調査しています。 

   廃屋同然になっている空き家は『特定空き家』と認定され、所有者は適切な管理をするよう指導をされます。  

指導に従わないと、固定資産税の優遇措置を受けられなくなり、更地同様の固定資産税になります。

土地の納税額が、今までの6倍に増えるということです。

こうなると、寿命が短い家づくりはしない方がよいですよね。

寿命が短い家は、子どもが住み継ぐこともできず、売ることもできず、負担をかけるだけの存在になってしまいます。

これでは親が子供に資産を与えたすもりが、負債となってしまいます。

これからは、良い材料、沿い構造を検討して、 負債にせず、資産価値を高め、長く快適に暮らせる家づくりが求められます。  数十年経っても資産価値のある家づくりを心がけたいものですね。

  




 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。