家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >お日様効果HOME > コラム >お日様効果
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

お日様効果
lq5m9.jpg
3月に入り暖かい日差しが顔を見せたと思ったら、また寒い日が続くそうでちょっとがっかりです。

やはり、太陽の暖かい日差しを浴びると何だか嬉しくなりますよね。

主婦の皆さんの毎日たくさんの洗濯物、快晴の日は特に嬉しいのではないでしょうか。

快晴の日に物干しざおに干された満載の洗濯物や布団も、とても楽しそうに見えます。

太陽の日差しは人体に与える効果だけでなく、住まいにも大きな影響を与えますよ。

よく、「日当たりが悪い土地なのですが、割安なのでどうでしょうか?・・」と聞かれることがあります。

また、「日当たりが良すぎると、夏が暑すぎなくてラクなのでは・・・」とかの意見もあります。

しかし、日当たりの悪い場所は風通しも悪く、結露やカビが発生しやすくなります。

夏はジメジメとした湿気で蒸し暑く、冬は寒く冷暖房費が除湿の費用がかさみます。

また、日光浴が少ないほど病気にかかりやすいというデーターもあります。

これでは、いくら土地が割安といっても、日々の暮らしのランニングコストがアップしてしまいますよね。

「独身時代は日の当たらないアパートだったから気にならない」という人がいました。

しかし、家族が増え年を重ねるつれ、日当たりと風通しを求めそのような土地を物色していますよ。

太陽が存在する限り、お日様効果は無料で手に入るのです。

また、ブームの太陽光発電も日当たりが良いほど効率が良いのです。

土地や建物を物色するなら、日当たりは最優先の検討としてください。 

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1000-40b2b762
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。