家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >不動産業者もさまざまHOME > 不動産の知識 >不動産業者もさまざま
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

不動産業者もさまざま
wj77po.jpg
HMの営業マンと違い、不動産業者はちょっと訪ねにくいという人が多いようです。

土地情報などは、チラシやネットでしか調べていいなくはないすか?

インターネットには不動産業者の土地情報が総て紹介されていると思ったら大間違いです。

不動産業者は「お客様に適切な情報を与える」よりも、仲介手数料が入る「たくさんの物件をさばく」ことに力を入れ、組織が大きいほどその傾向が強くなります。

「たくさんの物件をさばく」には業界独自のネットワークで、情報を集めたり流したりします。

チラシやネットに広告を出すには費用がかかりますから、独自のネットワーク網でさばいた方が経費がかからないわけです。

そのようにして、お客様がネットで調べても希望する場所や条件の土地がなかなか見つからないのに、不動産業者は簡単にそのような情報を取得している場合が多いのです。


インターネット上の物件の中には、「客寄せパンダ」のような情報のみしか提供してくれない広告も存在します。

このようは情報で集まったお客様は、「物件をさばく」程度の対応しかされません。

「たくさんの物件をさばく」業者の情報は真偽が疑わしいような情報もあるので、自身で裏を取ることをおすすめします。

これに対し「お客様に適切な情報を与える」という地域密着型の不動産業者も存在します。

そのような業者は情報は「狭いけど深い」内容で、大家さんとの付き合いも長く、地元のアパートや駐車場などの情報が豊富です。

このように一概に不動産業者といってもさまざまな組織があります。
また、公的機関にいけば、土地についての様々な情報を提供してくれます。

本気になって土地情報を探すには、不動産業者や公的機関を訪ね、自分である程度裏付けを取らないと良い土地は見つからなくなっています。

土地の購入予定地が絞り込まれたら、その地元に密着した不動産業者から情報を提供してもらうのをオススメします。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1002-0b101c4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。