家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >耐震等級の数値HOME > 住宅設計 >耐震等級の数値
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

耐震等級の数値
mp19dg.jpg
「耐震等級について、良いにこしたことは、ないのですが、1では、だめなのでしょうか?」という質問がありました。

ある住宅メーカーで、2以上でないと建物の意味がないとまでいわれたそうです。

耐震等級とは品格法で制定され、1~3段階に分類され「2は1の1.25倍」「3は1の1.5倍です」。

耐震等級の内容はこちらを参考にしてください。 「住まいの耐震等級」

質問の耐震指数1は建築基準法を守っていれば得られる数値であって問題はありません。

ちなみに、東日本大震災では建物が影響を受けたのは、耐震等級1の家でなく軟弱地盤の場所です。


「住宅メーカーで、2以上でないと建物の意味がない」というのは、地震による不安を利用したHM独特の営業トークでしかないといえるでしょう。

「大地震があれば耐震性を強調した家をつくれば売れる!」という発想です。

そのため東日本大震災以後、どのHMもチラシに耐震等級2以上の表示をするようになりましたよ。

しかし、耐震等級2は1の1.25倍ですからいばる程の差ではありませんよね。 不安なら耐力壁(筋違など)を増やせばすぐ補えます。

それよりも、耐震性には地盤が安定しているかしているかどうかの確認を最優先してください。
地盤流動化や軟弱地盤の建物被害は、東日本大震災の時も大きな話題となりました。

地盤が安定していれば耐震等級1でも十分なのは、、東日本大震災が証明しています。

現在の建築基準法の耐震性は、神戸大震災の被害により改善されましたので過去の地震による被害は参考になりません。

ですから、耐震等級1でもダメということはないのです。

しかし、地震に関しては耐震等級が高い程安心感が得られますから、耐震等級を高くできるのならそれに越したことはないでしょう。

特に耐震性能にこだわるなら、免震工法、制震工法もありますからこちらを参考に。 耐震工法

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1008-1effa225
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。