家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >家づくり四つの法則HOME > 家づくりノウハウ >家づくり四つの法則
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

家づくり四つの法則
dql799.jpg
家を建てるには覚えることが多く、また範囲が広すぎて何が大切かまとまりがつまなくなってしまうという話をよく聞きます。

確かに基本的なことから、最新の建築関連情報、法的情報、金融情報・・・と様々な確度から検討しなければならないことが多くあります。

私のブログも約1000記事となりましたが、ランダムに目を通して行くとまとまりがつかなくなるかも知れませんね。

それでは、家をたてるには基本的に何が大切かを四つの法則としてまとめてみます。

<1、資金計画>

・ローンを組む場合は、現在の収入からいくら借りられるか確認する。

・資金の目安を立て、借り入れと支払いのバランスを考えてローンを組む。

・ローン金利は長期、短期、変動のどれが自分たちの生活に合っているか考える。

・資金不足なら無理をせず、親の援助なども検討する。

<2、住宅プランニング>

・家族でそれぞれの要望を話し合い、ライフスタイルを決める。

・建設地の敷地や道路の法的な制約と周囲の状況を確認する。

・配置、生活動線、採光、収納、プライバシー、近隣状況などに注意して間取りを作成する。

<3、業者選択>

・展示場見学はあくまでも自分達が望む構造・工法を決めるためのものとする。

・自分達の望む家が決まったら、同じ構造・工法の業者2、3社から相見積もりをとる。
 (構造・工法の違う業者では相見積もりは意味がありません)

・見積書に不明な点があったら、必ず確認する。

・業者を絞り込む時は現場の仕事内容や完成住宅などを見せてもらう。

<4、工事発注>

・設計や見積が納得いかない時、または不明な点がある時は仮契約などしない。

・契約書や設計図書(設計図・見積書・打合せ覚書)を捺印する前に確認する。

・着工したら建築現場は設計図通りに進行しているか定期的に確認する。  (代理でも良い)

このような流れを押さえておけば大きな失敗はしなくなります。 美味しそうな情報が多々くありますが、基本をしっかり押さえましょう。

  





関連記事

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1010-668a2502
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。