家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >口約束の権利HOME > コラム >口約束の権利
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

口約束の権利
jkk48.jpg
某大手ハウスメーカーの条件付き分譲地を予約した方が、事前に何の連絡もなく「予約の分譲地、売れてしまいました」と通告されたそうです。

内容をよく聞くと、まだ契約はしていなかったが「予約していただければ他の人に取られることはありません。」と営業責任者も同席で確約されたそうです。

しかし、ある日突然「売れてしまいました」

理由を聞くと、買われた方は「即契約」だったからだそうです。

「約束が違う、責任者もいただろう!」と詰め寄ると、「本部の判断で・・・」

「これでは何のための予約だったのか、口約束では拘束力は無いのか」と嘆いていました。

一般に不動産売買では、手付金(仮契約)などを納めた状態で無ければその物件は押えることは出来ないのです。


予約をした際に書類か録音テープでも残さない限り、単なる口約束で何の拘束力もありませんし、メーカーが約束を破棄しても違約金など発生しないのです。

私の知る範囲では、予約時に手付金を受け取り、書類には拘束期間を明記し拘束期間内にキャンセルの場合は手付金返却というのが多いようです。

今回の場合、事前に「希望の土地を契約したいお客様がいるのですがどうしますか?」程度の連絡は欲しいですよね。

大手メーカの横暴というか営利最優先で情け容赦ありません。これが地元密着型の業者でしたら少しは違っていたでしょう。

このように口約束には何の権利もありませんから注意しましょう。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1012-9f3323c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。