家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >資金計画を立てる!HOME > 資金計画 >資金計画を立てる!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

資金計画を立てる!

家を建てるとき、スタートは資金計画です。
自分の家を建てる、または購入する場合、資金計画を立ておおよその建築費、購入費を決めなければなりません。

銀行や公的機関から住宅資金を借り入れる場合、自分の収入や住宅の価格によって借入れ金が決まってきますよ。

一般的には、無理のない借入れの上限は建築金額の80%程度です。頭金は20%程度を用意する計算になります。

自己資金でまかなうものには、税金、手数料、保証料、祭事費(地鎮祭、上棟式・・・)引っ越し費用などでがあり現金が必要になります。
このような、諸費用は建築費総額の5~10%くらいになりますので、頭金と合わせておおよそ30%くらいが事前に準備したい自己資金となります。


住宅建築、購入には次のような諸費用が発生します。

住宅契約時

・印紙税 ・仲介手数料(仲介業者がいるとき)

ローン契約時

・印紙税 ・融資手数料 ・ローン保証料 ・団体信用生命
保険料 ・火災保険料
・地震保険料 ・司法書士報酬

住宅引き渡し時

・登録免許税 ・固定資産税 ・つなぎ融資

入居後

・不動産取得税 ・贈与税

その他

・引越し代(アパート代含む)・上棟式費用(地鎮祭・上棟式など)
・近隣挨拶、現場茶菓子などの雑費 ・家具購入費 

最近の民間金融機関は低金利のローン商品が増えてきましたね。
融資基準が緩やかになり、市場競争原理が動き出して魅力的な商品が多くなりましたので、ローン選択も住宅建築、購入の大きな要素となりました。

また、住宅金融公庫と民間の金融機関が提携してできたフラット35は、「長期固定金利」型の住宅ローンで、長期ローンを組む人には人気の商品となってます。

公的融資には次のようなものがあります。

年金住宅融資

厚生年金保険または国民年金に通算3年以上加入している人が利用可能。 申込み日現在の年令が70歳未満。

財形住宅融資

一般財形貯蓄、財形貯蓄、財形住宅貯蓄のうちどれかを1年以上継続し、貯蓄残高が50万円以上ある。
勤務先に負担軽減措置の制度がありそれを利用できること。
申込み日現在の年令が70歳未満。

生保ローン

生命保険会社の営業所窓口などで受付けていて、銀行と同様に住宅の担保価値や年収、返済能力などによって融資の決定や融資額が決定される。

自治体融資

各都道府県、市区町村などが独自に設けている住宅ローン。
条件は自治体によって異なる。

返済方法

返済方法は借入先ごとに異なり、様ざまな方法があります。
住宅ローンは、営業マンの勧めで、借入可能金を満額借りる人もいますが、「いくら借りられるか」よりも「いくらなら返していけるか」を重視し、無理のない返済計画を立ててください。

収入合算は基本的には住宅購入者本人の収入が基準となりますが、配偶者の収入を合わせて借入限度額を増やすこともできます。
年収の半分までを合算できますが、永続的な収入が見込めることが条件になりますので、パートの内容によっては難しいです。


以上のように、資金計画に様々な形式があります。
あなたの、ライフプランに合わせて無理のない借入れ、返済計画をして下さい。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/102-5f3c6218
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。