家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >業者による金額の違いHOME > コラム >業者による金額の違い
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

業者による金額の違い
dai83j.jpg
注文住宅はハウスメーカーと工務店を比較するとトータル金額に大きな差がありますよね。

「やはり安い工務店の家は質がおちるのでしょうか?」という質問がありました。

どうしても安い住宅は、材料が安いものを使用しているイメージがあるようです。

しかし、現実はそうではなくハウスメーカーの広告費、人件費、営業(展示場など)費、開発研究費などのコスト負担が一棟の建物に上乗せされていると考えるべきです。

工務店がやすい材料で暴利を得る時代は過去のことで、現在は品質に対してのチェックが厳しく、そのようなことは通用しない時代なのです。

ただ、大手メーカーほど最新の技術、設備を取り入れた住宅が開発され、そのような家を求めれば、その点での金額差は出てきます。

また、規格化された商品でもデザインに特化した住宅が目につくようになり、一般的な工務店の家よりも研究されているといえるでしょう。

しかし、中には工務店も設計事務所などと提携して、個性的で優れたデザインの家が増えているのも現実です。

また、そのような家の中には、大手ハウスメーカーにひけをとらない価格のものもあります。

このような流れの中で、ローコストメーカーは独自の価格帯で勝負しています。
しかし、注意しないと注目される価格帯は、客寄せ目的で実体は大きく異なる所が多く存在します。

こうしてみると、単に金額や坪単価、業者イメージで住宅を比較するのではなく、自分の予算や、要望によって満足できる住宅かどうかを判断する時代になったといえるでしょう。

  





関連記事

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1020-20530df8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。