家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >逆ベタ基礎HOME > 住まいの情報 >逆ベタ基礎
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

逆ベタ基礎
xow65.jpg
基礎の形状には、一般的に布基礎とベタ基礎があります。

しかし、最近はローコストメーカーなどで「逆ベタ基礎」なりものが多く見られるようになりました。

どのような形状かというと、ベタ基礎をひっくり返したような構造で、床下空間がなく床がコンクリートに直張りとなります。

私は木造平屋の事務所建築で「逆ベタ基礎」の建物を設計したことがあります。

先日、逆ベタ基礎の事務所を施工した工務店から連絡があり、「今打合せしている住宅を逆ベタ基礎で設計して欲しい・・」という話でした。

しかし、私は逆ベタ基礎は住宅には不向きと考え、お断りしました。

何故かというと、床下構造がないので水周りの給排水管がコンクリートに埋まってしまい点検が出来ないからです。

排水パイプに何か詰ったら最悪ですよね。

また、床材は土間コンクリートに直張りとなり、土台材などに十分な通気が行き渡らなくなり、耐久性に疑問があるからです。

何故このような基礎が出現したかと言うと、コストが安く出来るからです。

地盤にベタ基礎をひっくり返して置いたようになりますから、土の掘削量が減ります。

さらに、土間コンクリート、立上がり布コンクりートと2回型枠を組みコンクリート打設するのが、1回で済むからです。

逆ベタ基礎を採用している某メーカーにカタログを見ると、逆ベタ基礎の利点がいろいろ書いてありました。

しかし、それらはローコストに上げるための都合のよい解釈としか考えられません。

ローコストで建築するには様々な検討が必要ですが、逆ベタ基礎は建物の維持管理を無視し、「安く作るのだから文句を言うな・・」とお客様も無視した基礎構造に思えます。

  





関連記事

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1023-4757c664
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。