家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >駐車場スペースHOME > 住宅設計 >駐車場スペース
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

駐車場スペース
zpe7-22.jpg
家を建てるのに駐車場スペースは重要な部分です。

配置計画の上で、駐車場スペースは誰もが悩むのではないでしょうか?
また、敷地形状、道路の幅、方位、車種などによっても計画が変わってきます。

それでは、駐車場スペースに関する失敗事例から注意点をまとめて見ましょう。

ドアが十分に開けられない

車のドアを全開けられないと、大きな荷物を下ろす時や赤ちゃんをチャイルドシートに乗せる時などに苦労します。
突風でドアが全開になった時は、塀などに当たりキズガついてしまいます。

また、前面道路と宅地に高低差があり、宅地に堀込み駐車場とする場合もドアの開閉を考え平地より一回り広めにしまよう。
自分の車のドアを全開にした時の寸法を把握しておきましょう。

前面道路の幅が狭

道路の幅が狭いと、駐車場の開口部を広げないと車の出し入れに苦労します。

このような場合は土地選びの時に試し、不自由なく駐車できる幅を駐車スペースとして確保して住まいを検討しましょう。

また、道路へ出るとき見通しが悪いと事故をおこしやすいですから注意してください。

車種や乗り換えも考える

よく住宅地などでは、駐車場が狭く側溝や道路に飛び出して駐車している風景を見かけます。駐車スペースに合わせた車種にするか、車種に合わせた駐車スペースにするか考えましょう。

外構工事との関係

特に北側道理の場合、排水マスや配管(浄化槽)、門、塀、ブロックなどが駐車スペースの周りに集中します。
計画の甘さから予定していたカーポートが設置できなくなった例もありますから注意しましょう。

  





関連記事

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1032-a673bc57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。