家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >ムク材と集成材HOME > 家づくりノウハウ >ムク材と集成材
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

ムク材と集成材
kopr49.jpg
家を建てるのに構造材は、ムク材と集成材ではどちらが良いのかと聞かれることがあります。

現在の家は、柱、梁などの構造材が)見えない家が主流です。
それに、適材適所を考えた乾燥国産材が使えなければ集成材の方が良いです。

なぜなら、集成材はムク材に比べ構造的に1.5倍以上の 強度があります。
「え、本物のムク材より貼り合わせ材の方が強いの?」と疑問に思うかも知れません。

実際の木は、表に見えなくても中には節などの欠点があり 力が加わるとその欠点に歪が集中して折れてしまいます。
それに対して集成材は節が一杯あっても欠点を分散しているため、 結果的に強度があります。

それにより、ムク材よりも強度のばらつきが小さく設計強度を大きく取れます。、

さらに集成材は人工乾燥させた板を貼り合わせてあり狂いがなく、価格的もムク材の半値以下です。(構造材集成材価格で化粧材集成材は別です)


ただし、集成材はムク材のように年数とともに木の油成分が少しずつ出て、木らしい風合いを醸し出すことはありません。

これらのことを総合的に考えると、柱や梁が見える家(真壁造)ならムク材、現在主流である柱や梁が見えない家(大壁造)集成材が家造りには適しています。

  





関連記事

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1033-b1d8f4f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。