家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >ソーラーパネルの寿命HOME > 家づくりノウハウ >ソーラーパネルの寿命
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

ソーラーパネルの寿命
az3z4.jpg
ソーラーパネルを導入するにあたり「ソーラーパネルの寿命は?」と考える人が多いでしょう。

多額の金額になるので減価償却期間と寿命の関係は導入の大きなポイントです。

国内メーカーの場合ソーラーパネルの寿命は20年以上だと言われています。
ソーラーパネルはボイラー機器のように自ら稼働しませんから寿命は長いのです。

無償保証期間は10年に設置しているところが多いですが、中には25年の保証期間を設置している業者もいます。  

パネル本体に比べ寿命が短いのが、売電メーターやパワーコンディショナーで寿命は10~15年程度です。

気になる金額は売電メーターは1~10万円程度で交換できますが、パワーコンディショナーは30万円前後と高価です。

パネルの無償保証期間を25年としている業者も、パネル以外の部分の保証期間は10年だそうです。  

また、最初の不具合が出やすい時期は10~15年といわれます。

ソーラーパネルの寿命を伸ばすには業者によるパネルの設置方法の違いに注意すべきです。

その業者がメーカーの研修を受けるなど正しい知識を持った施工業者かどうか確認しましょう。

知識が浅くて経験の少ない業者に依頼したら、寿命を延ばすどころか屋根を傷めることなります。

また、毎月の発電量をチェックして年間発電量の推移を把握しておきましょう。

太陽光発電は曇り空でも発電しますから、モニターに何の変化も無い時はトラブルが発生していますので。すぐに業者に相談してください。

特に異常がない時でも、3~4年ごとに点検して小まめにケアすることで寿命は伸ばせます。

  





関連記事

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1034-97fc5dc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。