家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >ちょうどいい家HOME > コラム >ちょうどいい家
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

ちょうどいい家
llf37d.jpg
車のCMに「ちょうどいい」というのがありましたよね。

住まいも同じで高望みせず自分サイズにあった家が「ちょうどいい」のではないでしょうか?

先日あるお客さんに設計の前に要望を聞くと、あれもこれもとまるでHMメーカーのカタログを丸暗記したような答えが帰ってきました。

「うーん、この内容では予算オーバーになりますよ」といっても「一応それで設計してしてみて下さい、予算オーバーならどこかで調整します。」といいはるので「私は出来っませんので他をあたって下さい」とお断りしました。

どうも設計というものを単なるプランニングと勘違いしているようです。
調整が効く範囲の予算オーバー設計ならまだしも、最初から調整が効かないのが解っていて設計するのは無駄というものです。

大幅な設計変更は、当初の設計のバランスを崩し設計主旨が稀薄となってしまいます。

中には予算オーバーのまま、無理に安く請負う業者を探したりする人もいます。

私の地域でも、昨年11月頃そのような話を聞きましたが、いまだに請負う業者はいなく誰も手をだしません。

一度正規の設計料を支払ったので、再度設計変更のために設計依頼するのももったいないといっているそうです。

こうなると最悪ですよね。業界は狭いですからすぐ情報は伝わります。
よほど資金繰りに困っている業者しか手をださないでしょう。

このように無理を通せば様々な障害が生じます。

住まいは、あなたにとって「ちょうどいい」程度が理想ではないでしょうか?

  





関連記事

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1035-fb03c5e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。