家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >解体して家を建てるHOME > 家づくりノウハウ >解体して家を建てる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

解体して家を建てる
rk63my.jpg
現在の住まいや中古住宅を購入して建替えをする場合は、解体工事が発生します。

現在住んでいるのなら、まずは引越しが最優先となります。

古い家屋は地盤調査をしなかった時代のものが多く、地盤改良をしていないからといって必要ないとは言えず、地盤調査の必要があります。

また、古い家屋が存在していると地盤調査ができませんから解体後となりますが、先に住宅契約を交わすときは地盤改良費を見込み、予備予算としておきましょう。

解体工事で注意すべき点は近隣対策です。

業者は「シートで養生して近隣には迷惑はかけないようにします。」といいますが、重機で解体しますから、騒音も出ますし粉塵も舞い上がります。

特に住宅密集地の場合は注意して、施主として挨拶回りくらいはしておくべきでしょう。

また、重機の搬入・移動の際に側溝や隣地の塀や構造物に傷などをつけた場合、補修する義務があります。

そのためにも、解体工事着手前に近隣構造物の写真を取るよう業者に徹底させましょう。

新築工事着手前に解体工事で近隣とトラブルを起こすと、本体工事が始まってもスムーズにいきません。

解体工事は細やかな近隣対策が必要です。

  





関連記事

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1036-2109be2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。