家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >注文住宅の楽しみHOME > コラム >注文住宅の楽しみ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

注文住宅の楽しみ
lld59b.jpg
注文住宅の設計をしていると実に様々な暮らし方や、個性や趣味などの違いによる考え方の違いなどに出会います。

例えば、最初は要望が適切に伝わらない方のために、あえてHMの間取り集のような間取りやスケッチからスタートする場合があります。

形が見えると要望が伝えやすいのか、そこから一気に内容が膨らみ、施主のオリジナルな設計内容に変化していきます。

これはHMなどのオプション仕様の注文住宅とは全くの別物で、予算に応じて間取りや仕様を決めていきますから、最初から標準仕様なるものはありません。

どうも最近はHMの宣伝に毒されてか、注文住宅というと「標準仕様+オプションの家」と勘違いしている人が多いようですが、あんなものは注文住宅とはとても言えません。

また、HM標準仕様をベースにすると、住宅設備機器まですべて標準サイズですが、施主によって、体型はさまざまですよね。

背の高い方、大柄で体重のある方などは、設備機器も標準サイズでは収まらない場合が多いのです。

そのたびにオプションでは「あなたは規格品外です」と言われているのと同じですよね。


以前、室内空間を総て無垢材で設計した家の見学会をしたことがありました。

その時、訪れたお客さまの中に中学生の子供が「化学物質過敏症アレルギー」で、市内で唯一、症状が出たら自分で注射をしてよい許可証も持っているそうです。

その家族が、子供のことを考え自然に恵まれた山間部に土地を求め、家を建てるのにいろいろなHMの展示場を子供同伴で見て歩きましたが、どこへいってもアレルギー反応がでてしまい困って私の設計した家を見に来ました。

展示会の現場ではそのような話はしなかったのですが、後日2,3日様子を見ても何の症状も出ないので、是非設計を依頼したいと訪ねてきました。

無事完成して3年経ちますが、自宅では何の症状も出ず快適に暮らしているそうです。

極端な例だったかもしれませんが、このように人は様々な個性、特徴、またはハンデをもって暮らしています。

それらの生活基盤となる住まいが「全国一律の標準仕様住宅」でよいのでしょうか?

「趣味や個性を生かした家」「地域の風土や伝統を生かした家」「体型や体機能のハンデを生かした家」「ライフスタイルを生かした家」・・・など様々考えられますよね。

一生に一度の家造りなら、オリジナルな注文住宅はいかがでしょうか?

  





関連記事

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1038-cb5cd301
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。