家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住宅相場価格HOME > 資金計画 >住宅相場価格
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住宅相場価格
tuop33.jpg
「今の住宅相場価格は坪いくらくらいなのですか?」とよく聞かれます。

単に住宅といっても、注文住宅から建売、ローコスト住宅と幅広く、また地域格差によっても相場価格は違ってきます。

例えば関東圏でも利根川を境に相場価格が違うと耳にします。

さらに、建築業者のレベルによっても相場価格は違うのです。

全国展開のHM、地域HM、工務店、・・・などによっても違ってきます。

私に住宅相場価を尋ねるひとは、地域HMや工務店を対象に考えていると思います。
そのようなとき「相場価格なんてあってないようなものですよ。」とこたえています。

現在は在来工法を主流とした建築会社や工務店であっても、それぞれ独自性を求め「建築業者の数だけ建築工法がある時代」といわれています。

それぞれが「何を特化して売り」としている商品かを見極めてこそ、その価格が適正かどうか判断できるのです。

さらに、住宅価格は業者側の経営内容によっても大きく左右されます。

仕事が少なく会社の先が見えないのでダンピングしても無理して取る仕事、仕事を抱えすぎて動きがつかず断られるのを前提とした高価格見積、市場の景気の動向・・・など様々な要素が含まれています。

それらを含んで平均化いたものが相場価格なのです。

ですから、単に相場価格だけを気にして予算計画を考えていると、大事な所を見落とし平均化された平凡な家が出来てしまいます。

相場価格はあってないような物、家づくりの視点を様々な角度から見るようにしましょう。

  





関連記事

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1044-d1b781dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。