家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >クーラー病が増加HOME > コラム >クーラー病が増加
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

クーラー病が増加
cmpp6r.jpg
今年の夏は異常に熱く、先日ついに日本最高気温を更新し、日本列島がサウナに なったような状態です。

このような中で、冷房により自律神経のバランスを乱すクーラー病が増えているそうです。

自宅や職場、車での移動や昼食時のお店まで、一日中冷房空間にいて、夏なのに汗をかかず自律神経のバランスが崩れてしまうそうです。

特に最近の住まいは高気密住宅が増え、その機能を保つのに窓はあっても締め切り、k外部からの風通しは遮断している家が増えました。

このような家は、冷房がゆき届き室内は快適な空間ですが、人間が本来持つ暑さへの抵抗力を奪ってしまっているように思えます。

暑い屋外から、急に冷房の効いた部屋に移ると、「コールドショック」をおこし、気分が悪くなったり、めまいやふらつきを感じる人が増えているそうです。

また、疲れが取れないと訴える人も増えているそうです。

「熱中症」が話題に成る中で。その逆の現象も増加していますよ。

吉田兼好は「徒然草」の中で「住まいは夏を旨とすべし」と記しました。

私達は古来から夏の住まいにいかに「涼」を取り入れるか、様々な工夫をしてこました。

しかし、現在の気密住宅は自然と共存するのを避け、克服することを目標においています。

これらのことがクーラー病の蔓延につながっているのではないでしょうか?

地球温暖化に伴い今後ますます、夏の暑さは増していくでしょう。

夏の暑さに対し、冷房機器による電力消費だけに頼らず、暑い夏に共存できる家の摸索が必要ではないでしょうか?

  





関連記事

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1045-93c9db73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。