家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >間取りの重要性HOME > 住宅設計 >間取りの重要性
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

間取りの重要性
ks90f.jpg
家を建てるのに最初に考えるのが間取り図です。

「間取りを考えるといっても面倒だし、チラシなどの間取りを参考にすれば・・・」と考えの人は多いのではないでしょうか?

しかし、それではあまりにも自分の家に対し、主体性のない話ではないでしょうか?

確かに、HMや工務店などの既成間取り図はコンパクトにまとまって良く考えられています。

しかし、逆に言うと個人を対象に考えられていえうのではなく、不特定多数の人に向け、企業利益を生みやすい間取り図でしかないのです。

一生に一度の家で、間取りによって生涯の生活スタイルが決まってしまうといってよいでしょう。

間取り図は単に部屋や通路をつなぐ図面でなく「生涯の暮らし方をデザインする」という考えで取り組みましょう。

そう考えると、HMや工務店などの間取り図作成担当者にも何を伝えるべきかが解ってくるし、出来上がった間取り図を検討するにも、ポイントが良く見えてきます。

間取り検討の時点では、仕様などの細部にこだわらず、全体を見て計画していきましょう。

例えば、道路や隣家との関係、日照、カーポート・・など敷地全体に関するバランスを見て、全体像を固めていきます。

その後、各部屋の配置と動線経路や窓、ドアの位置、風通し、明るさ・・などを検討します。

また、間取り図は平面的な思考になりますが、住宅は人を収容する容器ですからり体的な思考も重要になります。

階段の位置で2階平面は大きく左右され、外観デザインも変化します。

間取り図の原案は綺麗でなくてもよいのです。単線のスケッチ程度でも、そこに「あなたの暮らし方のデザイン」がしっかり表現されていれば、良い住宅と成るでしょう。

  





関連記事

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1050-80b81fe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。