家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >ローコスト住宅の定義HOME > コラム >ローコスト住宅の定義
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

ローコスト住宅の定義
hh.jpg
「予算の都合上ローコストで建てたい」という方は多くいるでしょう。

ロコスト住宅を建てるのに手っ取り早いのが、ローコストメーカーの低坪単価表示住宅と思い込んでいませんか?

低坪単につられ、申し込んだはいいが生活に必要な最低限のオプションを追加すると、なぜか通り相場価格になってしまいます。

でも、「基本がローコストからスタートしているのだから・・・」となぜか納得してしまっている人がいるのも事実です。

しかし、それでは本当の意味のローコスト住宅とはいえないでしょう。

なぜなら、ローコストメーカーの規格プランは、当初から低坪単でできる間取りで集客し、オプションで肉付けすることで収益を上げることを目的にした企画住宅にしかすぎません。

それに、ローコスト住宅なのに高額なテレビCM、モデル住宅展開と莫大な宣伝費をかけるローコストメーカーっておかしいと思いませんか?

本来、それらの費用を切り詰めコストを抑えてこそ、ローコスト住宅といえるでしょう。

本来あるべき「ローコスト住宅」とは、標準的な設計スタイルと同じように、ローコストを主眼とした設計スタイルで取り組むべきでしょう。

それは、間取り、外部デザイン、構造、材料、仕様、設備・・・と総合的な観点から検討すべきなのです。

現実に、ローコストメーカーでスタートして、価格もデザインもHMの標準的な家と同じような家も多くありますし、本格的にローコストを検討した家で、価格も安く個性的な家も存在します。

ただし、本格的なローコスト住宅は、検討段階で手間がかかり設計費が余分に発生します。

この設計費を含めた総工費で、ローコスト住宅の満足度を比較検討する必要があります。

「建物は確かに安く出来たが、設計料を足すと足が出た」では意味がありませんよね。

最終的に、ローコストメーカーの引き渡し価格と、本格的なローコスト検討住宅が同じような価格帯であれば、本格的なローコスト検討住宅の方がはるかに価値が高いでしょう。

  





関連記事

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1051-0f305cf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。