家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >災害に強い家を考えるHOME > コラム >災害に強い家を考える
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

災害に強い家を考える
pkl30k.jpg
昨今の、大地震、突風・竜巻、豪雨・・などの異常気象災害が多く報道されるにつれ、「災害に強い家」というキャッチフレーズの広告を多く目にするようになりました。

地震やなどの災害には、建物単独の耐震強度が求められますが建物以前に地盤の強度が最優先となります。
例えば、軟弱地盤は本格的な地盤改良なくして、耐震強度だけを求めても意味がないのです。

また、豪雨などによる水害は、地域の環境に大きく左右されます。

近くに豪雨で氾濫すrっような川はないか、宅地は道路よりも低くないか、その地域の下水道処理施設は十分か、崩れやすい崖上や崖下の土地でないか・・・など様々な要因が考えられます。

このように「災害に強い家が欲しい」といっても、家を建てる地域が災害に対しどのような要因を含んでいるかよく検討して対応すべきでしょう。

最近ネットを見ていたら「原発災害に強い家」というのがありました。

どのような家かと読んでみると「屋内退避。もしくはこれに準ずる事態になった場合。、放射性物質を住宅内に入れない家」とあり、それには家を支える構造体が気密を兼ねてしまう2X4の家が最適とあります。

しかし、在来工法に比べ2X4の方が気密住宅を作りやすいのは確かですが、気密住宅といえど法律で24時間換気が義務図蹴られていますから。必ず外気は導入しなければならないのです。

私は「屋内退避。もしくはこれに準ずる地域」に親戚がありますが、現実にこのような指定を受けた方の大半は、転居生活を送っています。

屋内退避といっても生活のための外出はかかせません。そのようなことから不便さと不安が交錯し、ほとんどの人が対象区域から移転してしまったのが現実なのです。

2X4住宅なら安全という保障は全くないのですから、2X4を施工している会社の身勝手な自己宣伝としか言えません。

このように、災害が大きくクローズアップされる現在では、それに付け込んだ営業展開も多く見受けられます。

しかし、このようなときこそ冷静な判断の基に家づくりを考えるべきでしょう。

  





関連記事

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1053-1dab10b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。