家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >誰の視点で家を建てるのかHOME > コラム >誰の視点で家を建てるのか
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

誰の視点で家を建てるのか
ops77j.jpg
家を建てるのには、どのような間取りにするか、どのようなデザインに・・・といろいろ迷いますよね。

「あれこれ悩むよりも手っ取り早く、参考になるHMの間取り集から・・」という人も多いいでしょう。

しかし、その前にその家は誰が主となる視点で建てるのか考えてみましょう。

子育て層の世帯なら、子供と育児・家事に忙しい主婦の視点での家つくりとなります。

また、子供が巣立つか巣立った世帯の建て替えなどなら、夫婦主体の老後を見据えた家作りになります。

2世帯住宅、店舗・事務所併用住宅・・・なども視点が違ってきます。

さらに、住環境の違いも大きく作用します。

例えば、生活の利便性を優先して職場や学校に近い都市部に住むか、自然環境を優先して郊外に住まいを求めるかでも、住まいの形態には違いが出ます。

昔のように家は一生住む場所という考え方も変わり、生活のステータスに合わせ転売して住み替えるという考えの人も多くなりました。

その場合の家作りの視点も違って、転売しやすいクセのない間取が求められます。

化石エネルギー危機から自然エネルギーの転換期にあり、様々な省エネ機器が家つくりの中でも重要な位置を占めるようになりました。

しかし、それらの選択においても、「誰の視点で、何を生活の主とするか」で家作りは大きく変わってくるのです。

家作りの視点をしっかりと定めず、参考間取り集などでスタートすると後悔するようになるので注意しましょう。

  





関連記事

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1060-a3f53690
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。