家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >隣地境界からの外壁距離HOME > 住宅設計 >隣地境界からの外壁距離
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

隣地境界からの外壁距離
vmm4n8.jpg

「狭い敷地いっぱいに家を建てたいが隣地境界からの距離はどれくらい離せば問題ないでしょうか?」という質問がありました。

まず「建築基準法」では、隣地境界からの離れを規定した地域(外壁後退)があります。

それ以外の地域なら「何センチは空けなさい!」と言う決まりは建築基準法にはありません。

だからといって、好き勝手に境界からの離れを決めたのではトラブルだらけとなりますから、「民法」で境界に関する条項があります。

「民法」では、50cm以内の隙間しか無い場合には窓などに「目隠し」をしたりして、隣家には配慮するようにとありますが義務ではありません。

また、民法でいう50cmは外壁面での寸法なので、民法に準じて外壁を離そうとするなら、壁芯で60~65cmは必要になります。


しかし、都心部などでは建物と建物の間が、人の入れる隙間すらないものも多いですよね。
これは、当事者間が合意のもとであれば離す必要がないからです。

だからと言って、敷地に余裕があるのに境界ギリギリに家を建てようと言うのは感心できませんよ。

良い住環境を保つには、建物周囲は人が通り歩きして点検できる程度の幅を確保することが必要です。

土地面積は年々厳しくなり、給湯機器やエアコン室外機スペースを確保するのも厳しくなっています。

しかし、それらが境界ギリギリに設置されることで、隣家とのトラブルも増えてうるのが現実ですから注意しましょう。

  





関連記事

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1065-239951c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。