家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >エタノール暖炉HOME > 住宅設計 >エタノール暖炉
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

エタノール暖炉
xgbb55f.jpg
エタノール暖炉は「バイオエタノール」を燃焼させて使用します。

「バイオエタノール」とはトウモロコシ・サトウキビなどの植物からつくられたアルコールです。 これらの燃料は、枯渇しない「再生可能資源」として注目されていますよ。

バイオエタノールが燃焼すると二酸化炭素が発生しますが、燃焼して発生する二酸化炭素と、原料が吸収する二酸化炭素が同等の量のため(カーボンニュートラル)、エネルギーの生成と燃焼を繰り返すことができます。

バイオエタノールの炎は煙が出ず、室内に黒いススがついたりニオイが残ったりせず、煙突も必要としません。

それにより、火の美しくしさを楽しめる安全な暖炉として注目されています。

現在打ち合わせの方から「新築の家にエタノール暖炉はどうでしょうか?」という質問がありました。

まだ、住宅でエタノール暖炉を採用していなかったので早速調べてみました。

エタノール暖炉は通常のストーブより発熱量は少ないが、排気ダクトからの熱損失がないので発散する熱量は変わらないとのことでした。

しかし、酸素を消費するのは変わりませせんから、建物の気密性に応じて設置室には24時間換気だけでなく+αの換気計画が必要となるでしょう。

また、ランニングコスト面で検討すると燃料価格が高く、長時間運転する住まいでは不向きと言えます。

ただ、他の暖炉やストーブに比べると煙突の初期費用、維持費用が不要となります。

エタノール暖炉の印象としてはランニングコスト面から考えると、メイン熱源ではなくインテリアを兼ねた補助熱源として考えるべきでしょう。

hoaa99.jpg       ccb5xxb.jpg

エタノール暖炉は壁に埋め込んだり、部屋の中に置いたりと多様なインテリア空間をが楽しめます。

  





関連記事

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1072-369e2732
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。