家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >LED照明の注意点HOME > 住まいの情報 >LED照明の注意点
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

LED照明の注意点
sunowman.jpg
家庭の照明もLED照明が普及してきました。

電気料金の値上げにより、LEDに切り替える人も多いでしょう。
購入価格も、以前よりだいぶお手ごろ感が出てきましたよね。

でも、既存の照明器具によっては、形や大きさの違いや、カバー付きの照明などによってLED電球をつけられないケースがあります。

それを見分けるには、自宅の電球をお店に持っていき比べてみましょう。

カバー付きの照明の場合、今使っているものと同じくらいの大きさの電球でないと交換できません。

また、大きさは一緒でも口金のサイズが違うことがあります。

特に注意する点は、ダウンライトの場合です。

ダウンライトの周囲を断熱材で施工されている場合は使用できません。

無理に交換しても、電子回路の温度が高くなるので寿命が短くなるだけです。

これでは、長寿命で節約を目的とする意味がありませんので注意してください。

傾斜天井の電球を斜めにつけるタイプの照明の場合は、口金延長アダプターをつけないと使えないケースもあります。

LED照明の光は白熱灯や蛍光灯の光のように拡散せず、直行します。

居室のメーン照明もLED型が多くなっていますが、その点に注意して選びましょう。

LED照明で電気代の節約を考えても、選択を間違えると無駄な出費となりますから注意してください。

解らないときは、電器店や電気工事屋さんに確認してください

  





関連記事

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1073-00eae9f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。