家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >断熱工事施工不良HOME > 建築現場 >断熱工事施工不良
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

断熱工事施工不良
gl1q.jpg
日増しに寒さが厳しい季節になってきましたね。

こもような季節は部屋毎の温度差が大きいことが原因で、ヒートショックの危険が高まります。

その予防策として、室内の温度管理は大切で断熱性に優れた家づくりをすることが大切です。

しかし、住宅の断熱工事は意外と施工不良が多いのです。

それでは、素人がどのような点をチェックして確認すべきか施工不良の実例を書き出してみましょう。

<断熱工事施工不良実例>

1、断熱材と断熱材の間に隙間があり、室内から見て太陽の光が漏れる。

2、外壁を貫通する配管やダクト部分に隙間がある。

3、雨で濡れた構造材や下地材を、十分に乾燥させずに断熱施工している。

4、床下断熱材が落下している。(床下を覗いて確認する)

5、発泡系断熱材の厚さ不足。

6、窓の周囲など、細かな部分が断熱されていない。

7、雨や結露などで湿った断熱材を使用している。

8、床下や小屋裏の点検口の周囲が断熱されていない。

9、断熱材を破損したまましようしている。

これらの事例の他にも多く問題点は見られます。

断熱工事に関しては、知識・技術・誠意が足りない業者もまだ多くいます。

特に断熱工事は隠れて見えなくなる部分ですから、手抜き工事がないか注意しましょう。

断熱不良の箇所があると、その箇所に結露やカビなどが集中します。

ですから断熱工事は「0点か100点」しかないのです。

あなたの住まいの断熱工事をしっかり確認してください。

  





関連記事

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1074-6e13e200
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。