家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >坪単価は便利?HOME > コラム >坪単価は便利?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

坪単価は便利?
fw68zj.jpg
家を建てるとき、考えている家はおおよそどれくらいの予算になるか知りたいですよね。

その時、予算の目安として便利なものに「坪単価」の計算があります。 延床坪数に坪単価を掛ければおおよその計算ができます。

しかし、坪単価での表現には反面マジックのような要素もあります。
その「坪単価」を上手に利用しているハウスメーカーも多いのです。

一般的に坪単価というと、「延床面積」を坪数に換算した価格です。

しかし、住宅の延床面積は外壁に囲われた部分をいい、それ以外にも施工部分があります。
例えば、ウッドデッキ、バルコニー、玄関ポーチ、テラス・・などです。

延床面積にそれらを足して計算し「施工面積」と称します。

例として、35坪で1600万円の家なら坪45.7万円ですが、他に施工面積部分が10坪ある建物なら坪単価は35.5万円となります。

このように施工面積計算での坪単価表示だと、坪単価の安い家が表示できます。

それでも、完成時点で納得のいく内容なら問題ないのですが、ローコスト坪単価表示の家ほどトラブルが多いのです。

私の知人も、坪単価30万の家というのを申し込み、追加150万円程度は覚悟していたそうですが、実際には300万円程度になったそうです。

内容を聞くと、チラシに出ていた間取りに納得して注文住宅として契約したところ、提出された間取りは、各部屋は大きいが収納が少なく、2かい3室のうち収納のある部屋は一室だけだったそうです。

自分たちのライフスタイルに合わせて収納を増やすとすべてオプションで予算がどんどん膨らみ結果大幅な予算オーバーとなってしまいました。

この例は、ハウスメーカーの「低坪単価集客戦術」に嵌ってしまったのです。

やはり、自分の要望を満足させ、100%満足でなくても納得の上で見積を提出させ、予算を検討して契約しましょう。

坪単価はあくまでも目安、特に目を引く低坪単価は裏がありやすいので注意しましょう。

  





関連記事

テーマ:家を建てる - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1079-8352398e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。