家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >間取と心理HOME > コラム >間取と心理
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

間取と心理
dooyu.jpg
間取りは、施主の心理が影響すると言われます。

その間取りは、第三者が観察できる「物的」な対象ではなく、施主の経験が間違いなく大きな影響を及ぼします。

よく、ネット上で「この間取りはどうでしょうか?」といった間取り相談を見かけます。

それに対し、様々な解答が出ていますが、あくまでも表面的な判断であって、その間取りに対し施主の心理面まで踏み込んだ解答は見たことがありません。

不特定多数に意見を求める、間取り相談者は家づくりに対し自信がなく迷いが生じていると思われます。

現在のマイホームは、子育て世代が圧倒的に関心を持ちます。

当然ながら、子供とのコミュニケーションがうまくいくように望み「良い子に育ってほしい家づくり」となります。

あるハウスメーカーでは、子供の発達心理学を導入した間取りを企画化しているそうです。

しかしながら、子育てと言うのは親の思い通りいかないものですよね。

子供の心理に焦点を当てた間取りを考えたところで、根本的な問題解決になるのでしょうか?

なぜなら、子供は親の背中を見て育ち、心理は親の影響が大きいからです。

子供の心理に焦点を当てても、影響を与える親が変わらなければ大きな効果は期待できないのではないでしょうか?

また、子供に好ましくない一面が現れるのには、必ず原因があり「親に起因する」ものが多いのです。

間取だけでなく住宅の環境選択においても、親の心の影響が大きく反映すると思われます。

現在の情報社会では貴重なものから、雑多なものまで様々な情報が乱れ飛んでいます。

それらを、意識するあまり家づくりの基本となる間取りにも影響や迷いが出ていないでしょうか?

「それならどうすればよいのか・・・・?」

家族のためのマイホームなのです。

子供の心の発達に大きな影響を与える親が、自分の経験値などから判断して解決しましょう。

第三者の意見は参考程度に留めましょう。

  





関連記事

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1087-122557e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。