家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >現場を見ていますか?HOME > 建築現場 >現場を見ていますか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

現場を見ていますか?
ffpp36.jpg
目を患ってしばらくの間、ブログもインターネット作業を休んでいました。

当然、車の運転もできないので現場にもいかず、携帯での連絡指示のみで現場は進行していました。

しかし、ひさしぶりに現場に行ってみると、的確な指示をしたつもりですが図面上の解釈を誤って進行していたのです。

「あなたは自分の家の現場を見ていますか?」

当然、自分の家の進行具合は気になりますよね。

現場で作業をしている大工や、監督もあなたに現場の様子を伝えたたり、気になることは相談したいと思っているのです。

住まいづくりは紙上のプランニング、設計図からスタートしますが平面思考だけではだめ で、生活空間は立体なのです。

例えば、「LDK18帖、天井高2.5m, 一部吹抜け」という部屋を、どの程度の規模なのかそく判断ができるでしょうか?

立体となった現場を見て、「あそこはこうしたい、こうできれば・・・」と気が付くはづです。

どうしても使いづらいと思える場所があれば、可能な範囲での変更も必要となります。

最近のHMは施主であっても「現場には入らないでください」という会社が多くなりました。

しかし、それでは施主は図面やパンフレット上の平面施行のみです。

立面図やパースがあっても所詮は紙面上での表現、実際の空間は建ってみないと判断つきませんよね。

設計図上であれこれ検討し、現場を見ながら確認してこそ「注文住宅」なのです。

休日や時間があるときには、現場に足を運びましょう。

  





関連記事

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1095-e29c53a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。