家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >土地か家か、究極の選択HOME > コラム >土地か家か、究極の選択
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

土地か家か、究極の選択
jka45.jpg
建築条件付の土地で相談がありました。

相談者は数年前から注文住宅を計画し全体プランの構想も固まっていました。 理想的な土地があったのですが建築条件付きで「土地建物同時契約を求められました。

建物は規格プランができていますが、とても満足できないのでどうにか出来ないのかという相談です。

建築条件付の土地は、建築する住宅会社が指定されています。

住宅会社を指定されていると自由で公正な競争を阻害されてしまいますよね。

そこで、建築条件付きの土地の売買の際には土地の契約後、一定期間内に建物の請負契約を締結できなかったら、無条件で土地の契約を解除できることになっています。

しかし、現実は土地・建物同時契約という不動さん会社が多いのです。 でも、土地と建物の契約を同時にしてしまったら、そのあと土地の契約を解除しようとしても、違約金が発生してしまいます。

ですから、基本的に土地と建物の同時契約はお勧めしません。
しかし、不動産会社によっては同時契約でなければ売らないということさえあります。

このような不動産会社は、土地とセットした住宅プランができていて、「家を建てる」というよりも「家を売る」という感覚です。

その場合、料金も「坪単価×面積+オプション」となっています。

注文住宅を考えていた方は、ここで「土地か家か」の究極の選択を迫られます。

中途半端な考えで契約し、後に詳細打合せをしてみたら、オプションの追加が重なり大幅な予算オーバーになってしまうことが多いのです。

注意すべき点をまとめてみましょう。

1、坪単価に含む工事の範囲はどこまでか確認する。
2、標準仕様とオプション仕様の違いを確認する、
3、その土地の法的制限(容積率、建ペイ率など)を確認する。

しかし、所詮は間取と仕上げを多少変更できる建売住宅程度と考えるべきでしょう。

土地のみ売買では「国土法」により価格が限定されてしまうので、人気のある地域の土地ほど建築条件付土地が多くなっています。

今回の相談者のように、注文住宅としてこだわりの家を求めるのなら、「土地か家か」の究極の選択になります。

  





 
関連記事
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1097-3ac89574
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。