家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >自己資金と借入金HOME > 資金計画 >自己資金と借入金
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

自己資金と借入金
interia12_90x90.jpg
1,世代別ライフプラン

ライフプランは世代によって考えるポイントが大きく違ってきます。

それでは、世代別にどのように考えるべきかのポイントを書き出してみましょう。

・ 独身・結婚時代(主に20代)

独身時代は、結婚資金の準備がライフプランの大きなウエイトをしめます。
結婚後は共働きの夫婦時代と、出産、教育、住宅などにしっかりとした貯蓄計画が必要です。

・ 家族形成時代(主に30代)

子供がいる家庭では、子供の誕生と同時に教育資金の準備をし、扶養家族の生活安定を考えるとともに、の住宅取得を意識し、自己資金の積み立てや住宅の購入計画を具体的に夫婦間で話し合いましょう。
この時期にしっかりとしたライフプランを形成するか否かで、その後の人生設計に大きな影響が出ますよ。
住宅取得もこの時代を目安にしておかないと、将来のライフプランも大変苦しくなります。

・家族の成長・充実時代(40代~50代前半)

住宅の取得時とは、家計の状況が一変し、教育費が想像以上にかかる年代です。
収入と支出を分析し、教育費と住宅ローンの今後の見通しを検討する必要があるでしょう。

特に当初2年間や3年間等の固定特約タイプの金利を選択した人や、変動金利等を選択した人は、 月々の返済額が大きく変わる可能性があるから要注意です。同時に家計の無駄もチェックしましょう。

そろそろ老後の資金の準備を始める必要があります。 住宅ローンにも万一の時に備え、遺族年金や退職金、預貯金を確認しておきましょう。

・ 円熟時代(50代後半~60代)

定年後の年金額や退職金等を把握し、しっかりとした老後の生活のプランを立てることが大切です。

セカンドライフを考え、ゆとりある老後の生活をおくるために必要な資金を算出し、公的年金や個人年金、預貯金で十分まかなえられるかどうか、検討しなければならないでしょう。

場合によっては、過剰な規模である住宅を売却などの整理が必要となります。

生命保険は、扶養するものは妻だけになるはずだから、死亡保障よりも病気やけがに備え、医療保障を充実させる必要がありますね。

以上は住宅の取得に限らず、自分自身のライフプランを考える上でも必要な検討項目だと思います。

huukei03_90x90.jpg
2,自己資金


マイホーム自己資金は、工事契約先の契約内容によって異なりますが、一般的には、契約手付金、着工時金の他、仮住まい費用、引越し費用、確認申請費用、地鎮祭費用等、住宅ローンがおりる前に現金が必要です。

住宅工事は、完成までに追加工事が出ることが多いです。契約時に別途工事内容をよく確認しておかないと思わぬ出費となるでしょう。

また完成後の家具や電化製品、外構工事、生活必需品なども考え目安としては、総工事費の2割~3割は用意したいですね。

3.借入金

低金利時代と言えど数千万円、先が見えない時代になってますよね。
長期の住宅ローンの負担の重さを考えると、なるべく自己資金の比重を高め、借入金を抑える努力が望まれます。

借入金については、借入れする人の収入で限度額が決まります。
上限金額は、年収に占める年収負担率(年収に占めるローン返済比率)による。
一般の都市銀行では、およそ30%前後が目安のところが多いです。

この借入れ限度額を目一杯借りられる人は少ないです。
借入れする人の持っている背景によって異なります。たとえば、夫婦二人だけの人と子供がいるのとではまるで違ってきます。前述した教育費があるとないのでは大違いですね。

また子供の人数でもでも違うし、両親が健在で、扶養に入っている場合もことなります。
また住居圏の物価格差でも違いますから、年収に占める返済の割合だって違ってきます。

したがって、こうした背景も含めて検討をしなければ大変なことになりますよ。

借入れできるからといって、営業マンの話に乗って無理な資金計画をする人が多いのが現状です。営業マンは契約を取るのが仕事です、良く考えましょう。

借入れ金額の目安は、現在の賃貸料+月々の住宅取得のための積立金です。
自己資金と借入金を決定するのは、ライフプランを考慮しながら住宅取得に向けての自己資金借入金を決定し、資金計画を確定することが大切です。

  


関連記事

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/11-baacd7d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。