家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >外回りのチェックHOME > 家づくりノウハウ >外回りのチェック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

外回りのチェック
2_jupiter01082_90x90.jpg

家づくりを計画すると間取りや予算が優先され、意外と外廻りがおろそかになりがちです。

住いは建物と外回りのバランスが取れてこそ良い住環境空間となりますから、外回りのチェックも忘れないようにしましょう。

1、道路と敷地の高低差

特に北側道路の場合、道路から地盤までの高さに注意しましょう。
平面図だけで離れを考えていると、階段を上ったら玄関前に余裕がないということがあります。階段は何段必要か現場で確認しましょう。

2、道路と駐車スペースの位地

車は並列駐車か縦列駐車かなど基本的な計画をしておきましょう。

3、外構と排水

排水管と排水マスをどのような経路で埋設するのか、特に予算の都合上、外構工事を後回しにする場合は、外構を想定した排水計画をしましょう。

4、電気・ガスメーターの位置

業者が検針に来た時に見やすい位置に、プライバシー丸見えの場所には設置しないようにしましょう。

5、給湯器、エアコン室外機の位置

給湯器やエアコン室外機は、隣家と騒音などでトラブルとなりがちです。 設置位置に注意しましょう。

6、防犯対策

道路から見て、外構で閉鎖的な家ほど空巣犯罪が多いデーターがあります。
防犯も考えて外構を計画しましょう。



  





関連記事
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1101-1d006f7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。