家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >注文住宅・建売住宅・建築条件付HOME > 家づくりノウハウ >注文住宅・建売住宅・建築条件付
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

注文住宅・建売住宅・建築条件付
g233u.jpg
「建売住宅と注文住宅と建築条件付き土地」の違いを理解していない人が意外と多くいますので説明します。

建売住宅は、不動産業者やビルダーが仕入れた土地に新築住宅を建てて、土地とセットで販売する方式です。

週末に入る新聞の折り込みチラシで、一戸建ての写真入り「新築(分譲)」と謳っている物件が、いわゆる建売分譲住宅です。

一方注文住宅は、土地から入手して建て主が好きな住宅をオーダーして建てるのが注文住宅で、主に大手ハウスメーカーが得意としているのはこちらの注文住宅です。

最近の新築一戸建の需要をみると、注文住宅をしのぐ勢いで建売住宅が伸びています。

それでは、注文住宅、建売住宅が具体的にどう違うのでしょうか?

注文住宅のメリット

 ・好みの間取りや仕様で自分の好きな家が建てられる
 ・建物の品質・工事過程を自分の目でチェックできる
 ・自分の予算に応じた建物がオーダーできる。

注文住宅のデメリット

 ・仕上がりは建ってみないと分からない

建売住宅のメリット

 ・一般的に注文住宅より土地+建物が割安で手に入る。  ・土地を探す手間が不要  ・建っている物件を確認して買うことができ、仮住まい費用などがいらない。

建売住宅のデメリット

 ・工事の施工過程が見えず、構造部分が確認出来ない。

今までは、「戸建てに住みたいが、予算があまりないので、建売でも構わない」と言う人が「建売住宅」を求め、「予算があって自分の好きなようにオーダーメードで建てたい」と言う人が「注文住宅」と求めるというように、棲み分けされていました。

しかし、地価下落と建築費の低下・ニーズの多様化で、建売住宅の全体的レベルがアップし両者の差が縮まりつつあるといえるでしょう。

特に最近は、大半の住宅メーカー・ビルダーが土地から紹介しているので、「土地がないから建売住宅」「土地はあるから注文住宅」という棲み分けも薄れてきています。

建売住宅の注意点

注文住宅と建売住宅を仕切る垣根が低くなってきたとはいえ、建売住宅の全部が全部、ハウスメーカーなどで建てる注文住宅と同レベルの性能が期待できるわけではありません。

一般的に建売住宅は、大手の注文住宅よりも安い価格で販売されています。

表面は注文住宅と同じように見えますが、建売業者の徹底したローコスト施工で、見かけはよくても性能や強度が伴っていなかったり、建設現場の無理が犠牲になっていることが多いのです。

このようなことから、購入して入居後に建物にトラブルが発生し「欠陥住宅」騒ぎも多数発生しています。

建売住宅購入のポイント

1、物件または会社が一定以上の性能を保証する住宅性能保証制度や完成保証制度に登録している。

2、販売業者が建設業法そのほかの関連法規、消費者契約法などの法令に関して、過去に行政処分を受けたり法令違反をしていないか。(地元自治体の役所に資料があります)

3、購入前に物件を、身内に専門家(建築士や大工・・など)がいれば点検してもらう。
  専門家が身近にいない場合はブログの「建売住宅購入の注意点」を参考にしてください。

建築条件付き土地の建物

建築条件付き土地は住環境に恵まれ、土地だけ販売するよりも建物をセットで販売した方が利益が取れるので、最近多くなっている物件です。

条件付きも一応注文住宅の形態になりますが、土地販売会社側の思惑が大きく反映して、仕様、間取りが決められたプラン販売のような物件も多くなっています。

また、土地契約後一定期間内の建物契約期間が限定されているため、様々なトラブルが発生しています。

このように、それぞれに一長一短がありますから参考にしえ下さい。

  





関連記事
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1108-77f5a010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。