家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >集成材の活用HOME > 家づくりノウハウ >集成材の活用
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

集成材の活用
ks90f.jpg
集成材というと、貼り物」と称され「無垢」の木材に対し軽視されたときもありました。

しかし、現在は接着剤、接合金物の進歩、普及と共に住宅主要構造部の土台、柱、梁などが集成材で構成された家が増え、多くの建物に採用されつつあります。

集成材の魅力は、自然の木の良さを結集した画期的な所で、木材のソリ、クルイ、歪み、などの欠点を補い、木材の設計強度不足もカバーできることです。

集成材というと木材を接着しているので、接着強度や性能に不安を感じるという人もいます。

しかし、私は集成材破壊テストを見学したことがありますが、集成材を破壊すると木材接合面は剥離せず、接合近辺の木部が破壊します。

この結果からも、接合面の強度は十分に安心とオススメできます。

■ 集成材加工工程

1、厚さの薄い木材(ラミナ)を人工的に乾燥する。

2、グレーディングマシンと呼ばれる装置を用い、ヤング率(ひずみの値を決める定数)による
  ラミナの等級区分が行われる。

3、ラミナ同士をフィンガージョイントと呼ばれる接合方法で縦方向につなぐ。
  (製造される集成材のサイズにより、工程が省かれることもある)

4、縦方向に接合されたラミナの広い面に接着剤を塗布する。

5、接着剤が塗布されたラミナを何枚か重ね、圧力を掛けて貼り合せる。

フィンガージョイント接合により縦継ぎされたラミナは、プルーフローダ(保証荷重試験機)と呼ばれる装置を用いた試験を行い、強度の弱いものは排除され、ヤング率の高いラミナは異等級対称構成の場合、集成材の外層に使われます。

■ 集成材の利点

1、木材素材よりも強度のばらつきが小さく、設計強度を大きく取れる。

2、通常の木材では得られない大きな断面のもの、湾曲した形状のものを作ることができます。

3、 乾燥による変形・割れ等の狂いが生じにくい。

4、間伐材や歪みの出やすいカラマツなどを有効に活用できる

このように、集成材の普及と共に住宅にも、通常の木材では出来なかった大きな空間が取れ、 大断面集成材による公共施設や建物も各地に出来ております。

木材は、再生可能な資源として未来永劫的に確保でき、森林の有効活用に今後期待できます。



  





関連記事
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1110-97b9541b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。