家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >断熱リホームのススメHOME > リホーム >断熱リホームのススメ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

断熱リホームのススメ
dooyu.jpg
本格的な寒さの到来とともに、結露に悩まされていませんか?

国土交通省によると、既存住宅の約40%が無断熱住宅だとか・・・次世代省エネ基準を満たしている住宅は5%だけなのです。

これから寒さが厳しくなると、その5%以外の住宅で暮らす人は少なからず寒さに悩まされるということになります。

■断熱性が低い住宅のデメリット

・冷暖房の費用がかさむ

・結露が原因でカビやダニが発生しやすく、住宅が傷みやすい

・部屋ごとの温度差が大きく、ヒートショックが起きやすい

・体を動かすのが億劫になるので運動不足になりやすい

住いの資産価値を高めるためには、断熱性が欠かせません。

あるサイトで「省エネや光熱費を下げるのに近いうちに断熱リホームしたいか」という質問に、約8割の人が「実施したい」という回答があったそうです。

では実施したい断熱箇所はという質問では、圧倒的に窓で「断熱性の高いサッシやペアガラスに変更する」「窓を二重にする」が上位に並びました。

ペアガラスの普及は15年前は約49%にすぎませんでしたが、現在新築の住宅ではペアガラスの普及率は100%に近づいています。

窓部分は省エネの期待だけでなく、寒さ、暑さにによる結露問題への対応も考えられますよね。

■断熱リホーム業者選びの注意点

断熱効果が高くなることで、建物の内外で温度差が生じ結露が生じやすくなりますから、ただ断熱工事をすれば良いのではありません。

この結露が建物内部に停滞してしまうと、構造部や外壁材などを腐食させてしまうことがあります。

業者を選択するにも、こういった事柄について良く理解している業者かどうか、また、工事打ち合わせの段階で、そのようなところも検討しているかどうかで、リフォーム業者の技術レベル、信頼度が判断できます。

  





関連記事
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/1123-91d88865
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。