家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住まいづくりの迷子HOME > コラム >住まいづくりの迷子
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住まいづくりの迷子
huukei15_90x90.jpg
住まいの計画するのに、「何から手をつけてよいかわからない」という声をよくききます。
どのような建物がよいのか、どこの住宅メーカーや工務店がよいのか、モデルハウス、現場見学、完成見学会・・・など大いに参考にするのはよいのですが、各社の営業マンの話もたくさん聞ききすぎて、だんだんと迷いが出、あげくのはてはパンフレットコレクター状態になっていませんか?

ハウスメーカーの営業マン、セールスエンジニアなどは、自社の商品・設計・施工の良いところを売り込むプロです。決してあなたのライフスタイルに合った住まいを選択してくれるプロではありません。

例えば、営業マンはアドバイスもしますが「最後はお客さまが決めてください」というスタンスです。 なぜなら、後で「話が違う、こんなはずじゃなかった」というクレームを常に意識した対応が、全ての営業マンとはいえませんが、一般的になっていますよ。

他にも依頼先を選ぶのに、表面的な企業イメージ、営業マンの印象などで、業者の選択基準を持つ前に依頼先を何社か決めて比較、検討してはいないでしょうか?

それらのイメージ選択による比較、検討は非常に安易な方法ですが、あなたの住まい計画はスタート時点から間違っていると言えるでしょう。

しかし、やっかいなことに、住まいづくりの依頼先を選ぶ基準なるものは何もありません

せいぜい住宅雑誌や単行本の「住まいづくり入門」などの内容が選択基準に近いですが、あくまで不特定多数を想定した一般論です。
それらの書物も多数読むことで一般的な建築知識は得ますが、一般の人がそれらの書物から自分にあった的確な基準を設定するのは困難でしょう。

現在はこのような状態から、建築家によるコンサル、プロデゥースといった業種も出来てきました。

自分の理想的なパートナーと出会えれば良いですが、あなたや家族の個性、ライフスタイルを把握し 住宅建築の設計から現場の実務まで実績がある理想的なパートナーなどはなかなかいるものではありません。
「はずれ」であったり、単なるアドバイザー程度ならば余分なお金と時間を払うだけで、コンサルとの妥協の住宅ができるだけです。

人は何かに迷い先が見えないとき、他人のアドバイスは貴重ですが、最終決定は自分の責任でしなければなりません。
自分の住まいは、自分で工法、業者の選択基準を決め、選定基準に沿った比較、検討が必要でしょう。

「それなら具体的にどうするの?」ということになりますよね。

私は孫子の言葉にある「彼を知り、己を知る」ことが大切であり、それを実行し選択基準を作った上で比較・検討し業者の選定をすることが大切であると思っています。

彼を知る

各建築業者の商品を調べ、どのような構造が得意なのか、どのような特徴があるのか、「売り」「こだわり」はなにかを調べましょう。
また、建物の種類、建築工程、設計の特徴などを調べ、わからなければ、パンフレットを調べ、モデルルーム、見学会、などで営業マンの説明を聞くだけでなく質問して自分の選択基準のリストを作成しましょう。

己を知る

自分の予算、ライフスタイル、住まいの好み、こだわり、家族と住まいの将来計画をしっかりと設定しましょう。住まいに対する知識不足は雑誌や書物、ネットなどで調べ補なって下さい。

以上を整理すれば、自分がどのような建物を選択するかの基準ができますし、対象業者の基準も見えてきます。

ハウスメーカーの何社かを絞り込んで選択するか、工務店でこだわり注文住宅にするか、設計事務所に一味違う空間設計を依頼するかなどの方向性も見えて来るでしょう。

このように書くと住まい計画は特別なように思われがちですが、店先での買い物の基本とかわりません。

店で買い物をするとき、衝動買い以外は事前に購入したい商品の内容を調べ、財布の中身を確認し、店内で同等品を比較・検討して購入しますよね。

住まいの場合、商品が実態として無く、カタログ、モデルルームで比較検討はできますが、自分の夢やあこがれの世界ばかりがクローズアップされていますので、基本的なことが見えなくなってしまいます。

住まい計画は、一般の買い物と比べ、業界のことや建築知識など調べることは多くありますが、一生に何度も建てることのは出来ない大イベントです。

しっかり基本を抑えた住まい計画をすることをお薦めします。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/114-a6e0dce6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。