家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >家づくりを楽しむHOME > 家づくりノウハウ >家づくりを楽しむ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

家づくりを楽しむ
ドリンク_90x90
最近ネットを見ていると「失敗しない家づくり」などのタイトルが非常に多いですね。
それだけ家づくりには、難問や、業者に対する不信などが多いのも事実です。
一般の人には一生に一度の家づくりです。
何十年分ものローンを組んで「失敗しました」では済まされない大事業ですよね。


情報を集め家づくりに真剣に取組むのは大切なことです。

でも、あまりにも深刻になりすぎるのも考えものだと思います。
一生に一度のイベントだからこそ、大金をかけるからこそ、家づくりを楽しんでいただきたいのです。

業者不信のあまり、身構えてばかりいると、担当者からの提案もなおざりになりますし、自分から進んで家づくりを楽しむ姿勢を見せれば、良いアドバイスも返って来るますし、担当者も「やりがい」を感じて進行するようなら、大きな失敗はなくなります。

私の経験からも、良いアドバイスや提案をした時にお客さんに素直に喜んでもらえたりすると打ち合わせも楽しくなりますし、さらなる難問を出されてもやりがいを感じるものでした。

逆に打ち合わせ時に身構えられて、反応が悪いと当たり障りのない説明で終わってしまうのが多いのです。

住宅会社のプロと言っても人間ですから、お客さんを差別するわけではなくても反応によって様々な対応になりがちですね。

建築現場はハウスメーカーによっては、大工さんや職人と話すことを禁止するところもあるみたいですが、これは間違っていると思います。

少しづつ自分の家を眺めるのは楽しいですし、現場は工事が始まると毎日変化していきます。 その時に感じた疑問などは質問して解決していかないと塞がれては解決できない場合もあります。

建築会社を通さず変更や追加工事はまずいですが、一般的な質問は普段から話せる環境づくりをして、あまり接する機会が無い大工さんや職人さんと、しゃべるのも楽しいと思います。

そうでないと、あなたの家を造る人達と「お金だけの付き合い」となってしまい、何の思い出も残らなくなってしまいます。
大工さんや職人さんとのコミュニケーションはブログ内の「大工さん職人さん」を参考にしてください。

大工さん職人さん

最近はユニット工法などで「あ!」というまに建ってしまい、大工さんとのコミュニケーションが少ない家が多いのは寂しいですね。

家づくりは営業マン、設計、工事担当者との相性も楽しめるかどうかに左右しますよね。
相性がどうしても悪ければ、一生に一度の家です担当の交換を申し込むのも良いでしょう。
住宅会社は一度受注すると、引き渡し(残金回収)までは多少の無理は通ります。

今回の提案は、ハウスメーカーの規格住宅では無理があるかもしれませんが、注文住宅などでは対応できるとおもいますので「家づくりを楽しめる会社」かどうかチェクするのも良いでしょう。

また、家づくりを楽しむということは、いろいろ業者側に質問するのにも、住まいの情報収集をし、簡単な建築知識がなくては出来ませんのでしっかり勉強して下さい。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/115-7af84855
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。