家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >建築工事費HOME > 家づくりノウハウ >建築工事費
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

建築工事費
kentiku22_90x90.jpg
住宅工事を始めると通常の金銭感覚とは、異なってくることが多いです。ちょっとした変更工事、追加工事などが何万、何十万になります。

追加、変更工事を依頼した場合は金額をそのつど確認しましょう。後で何十万くらいだろうが、何百万に成っていた例は多くあります。

住宅建築費用は大分すると4つあります。

1,建築本体工事費

建築本体工事費は仮設工事、基礎工事、屋根、内外壁、ドア・サッシ等の駆体工事、断熱材、床、内装壁、天井等の内装工事、キッチン、バス、トイレなどの住宅設備機器 工事、電気、給排水、ガス、換気などの各種設備工事などが一般的です。

2,付帯工事費

工事業者によっては本体工事に含まれる場合もありますが、通常ハウスメーカーなどは分離しています。
 
  ・屋外給排水設備(道路から建物までや、建物周囲の給排水工事)

・屋外電気工事(電気の引き込み工事)

・ガス工事 (都市ガスや、集中LPガスの配管工事)

主に以上の内容ですがハウスメーカーによって内容は異なるようです。
一般的に言われる坪単価は、付帯設備を含まないのが多いから注意しましょう。
ローコストメーカーの坪25~30万でスタートして、完成したら坪45万~50万になっていた話は、よく聞きます。

3、諸費用

・契約時の印紙代(契約書は二部作成し、一部の印紙が
 負担になります。)

・確認申請費用

・登記費用

・水道負担金(加入金)

・不動産取得税、固定資産税等の税金

・引越し、仮住まいなどの費用

・地鎮祭、上棟式、新築祝いなどの祭事費用

・火災保険などの保険費用

以上の内容は本体工事、付帯工事とは別に用意する必要があります。

4,別途工事

・解体工事(敷地内に既存建物がある場合)

・外構工事

・地盤調査による基礎補強工事

・空調工事費

・カーテン、カーテンレールなど

・TVアンテナ、ケーブルTV引込み

・電話引込み工事(内部配管は本体工事に含みますが、NTTなどは基本的は本人申請で、
 配線工事は別途になります。)

・その他オプション工事

 インターネット配線(引込み、ラン配線など)、床暖房、太陽光発電、造作家具工事など
 以上のような内容が、建築工事費ですが、別途工事に関しては、
 施主の趣味や生活環境(バリアフリー、身障者住宅、2世帯同居、店舗併用、3階建てなど)
 によっても変化します。

工事業者からは詳細見積を提出してもらい、どこまでが建築請負工事範囲かよく確認しましょう。

特に工事中に追加・変更を依頼する場合、口約束ではなく必ず見積もりと図面変更表示を確認してください。後でトラブルの原因にならないようにしましょう。

前述した坪単価が、25~30万が45~50万になってしまった話は付帯工事費、別途工事が入ってないのが原因です。

一般的にローコストメーカーなどは全てを含んで説明すると、坪単価が高いイメージを与えるので当初は、低坪単価広告で集客する傾向になってます。

自分の住まいに何が必要で何が無駄かを、見積書でをよく検討しましょう。

  




関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/13-324e17b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。