家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >自然素材の家づくりHOME > 家づくりノウハウ >自然素材の家づくり
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

自然素材の家づくり
2_jupiter01824_90x90.jpg
最近は、自然素材を活用した家づくりが大変目立ちますね。

つい数年前までは、人工建材が施工の安易性や安価なコスト面からはとんどの家で使用され、自然素材はあまり見られませんでした。


自然の素材は、自然の変形、変色、割れなどちょっとのことでもクレームを付ける人がいたりいますし、作り手側も手間隙かかる自然素材よりも人工建材の方が楽な施工性から、自然の素材には率先して手を出さない面がありました。

ここ数年は、「省エネ」「地球にやさしい環境」「シックハウス」などの問題から、率先して自然素材の家づくりを提案する住宅会社が増えて来ましたよ。

また、ハウスメーカーも目先を変えて、自然商品を「売り」としたシリーズも出てきました。

ある、ハウスメーカーに天然板材を納入している木材店の話を聞いたところ、自然素材でも、割れはだめ、節は直径何ミリまで、ソリはだめ・・・などの規格があって、在庫品の何割程度しか商品にならないと言ってました。

これじゃまるで、スーパーで売っている野菜と同じですし、「いいとこ取り」では自然素材の意味がないのではないでしょうか?

食べれば無くなってしまう商品と違って、住まいの自然素材は規格を揃えても、住人といっしょに年数を経過し変化、変色していきます。

住み手側も、変形、変色、ソリ、割れなどが起きること理解し、それも自然素材の味わいとして良さを分かって頂けなければ、自然素材を使用する意味がないでしょう。

私も、柱を全て見せた真壁構造にして、天然木フロアー、腰壁は天然木材、壁は珪藻土、梁は米松表し、天井は天然木ピーリングという家を設計をして建てたものがあります。
オーナーには、自然素材の特徴をよく説明し、理解の基に着手しました。

自然素材の中で、住宅で最も多く使われるのが木材です。
木材を生かすには、ただ木肌を見せた板張りだけでは、良い空間にはなりません。
柱、梁などの「木組み」を上手にみせ、塗り壁などとの組み合わせバランスが大切です。
そうでないと、ただの板の倉庫みたいになってしまいますよ。

他の自然素材としては、漆喰壁、珪藻土壁、和紙、ケナフ壁紙、コルク・・・などがあります。
特に最近は、自然素材ブームから、「自然素材調」商品が多くでまわっていて、珪藻土壁は室内の湿度調整能力が高い分、シミや変色がでるのが本物で、「珪藻土調」塗り壁などが手頃な予算で多く出回ってますから良く確認して下さい。

人工建材の家は、完成時が最高の状態で経年変化と共に劣化していきますが、自然素材は、木材であれば使い込んで磨き込むなどの、手を掛ければ掛けただけ良さが出ますし、他の素材でも経年変化とともに深みと味わいが出ます。

自然素材の特性を良く理解し、住まいに活用することをお薦めします。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/136-197625d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。