家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >見積書の裏側は・・HOME > 家づくりノウハウ >見積書の裏側は・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

見積書の裏側は・・
hns0027-002_s.jpg
ハウスメーカから見積もりを取り交渉したら、「百万以上も値引きしたもらった」などという話をききますね。

住宅以外の車や家電製品には必ず定価(最近はオープン価格もある)がありますが、住宅にはありません。



完成品を販売する分譲住宅は完成定価がありますが、注文住宅の場合、建築場所、仕様、規模、構造、設備、工期、販売経費など全てが異なり定価というものは特にありませんよ。

前述のようなメーカーの値引きは、見積価格に当初から上乗せされていると考えるのが妥当でしょう。

このようなことは、大手ハウスメーカーに限らず、地域工務店の範囲まで同じようなことが言えます。

なぜこのようなことになるかというと、家を建てるかたは、普通は数社から見積もりをとりますよね。

当然、メーカー側も他社との競合を意識し、値引き想定価格を乗せた交渉になります。

打ち合わせが進み最終価格提示時点で、担当営業マンは「会社と交渉して、何割値引きしましたからこれで契約お願いします」というようなことを言ってきます。
でも、この何割値引きも競合を想定した当初からの上乗せ価格です。

また、競争見積もりを逆手にとって、上乗せせず、一発で他業者より安い印象を与える見積書を提出をする業者もあります。
特にハウスメーカーと競合の工務店はこのような傾向が多いです。

このように家を建てる場合は、最初から目星を付けていた業者でも、何社かから見積書をとり競合させることにより、安い家を求めることが出来ます。
競合させなければ、上乗せ価格は利益となる「お得意様」になってしまいます。

競合のポイント

1,競合見積もりの目安は3社程度にしましょう。
  数が多いと、混乱し、時間の多くとられますし判断に迷いが生じます。
  また、業者側もどこが本命かを探り、おつきあい程度の見積もりしか出ない時もあります。

2,同工法、同構造の業者で競合

  工法や構造が違う業者に競合させても、見積書内容の判断ができません。
  在来工法系、2X4系、軽量鉄骨系など同じ構造にしないと、比較検討の意味がありません。

3,工務店同士を競合させる場合、過度の値引きは無理をさせた分、工事内容に
  反映されがちですから注意しましょう。

このように、競合は施主にとって住宅価格を安くする手段として有効ですが、業者側からすれば値引き合戦です。
そこには、業者側の様々な思惑が含まれてきます。

極端に安い価格提示業者の場合、内情は自転車操業で運転資金捻出のために競合に参加してくる場合もありますから注意しましょう。

現在は、大手ハウスメーカーでも先行きは不安で見えないのが現状です。

中小メーカーや工務店などに過度の値引き合戦を求めれば、建物完成後あなたの家を造った住宅会社が存在しなくなる可能性も考えらますから、上手に競合を利用して下さい。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/140-3fb19bf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。