家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >モデルハウス戦略の裏側HOME > 住まいの情報 >モデルハウス戦略の裏側
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

モデルハウス戦略の裏側
han0078-001_s.jpg
ハウスメーカーのモデルハウス、住宅展示場などに行ってみたことはありますか?
全国各地にある住宅展示場は、どのメーカーも豪華絢爛、素晴らしいインテリア装飾品で演出されていますね。

特に総合住宅展示場は、ハウスメーカー各社が集まって他社に負けないように、内容を競い合っています。

このような住宅展示場には坪100万程度のグレード品が多く展示されていますよ。
なぜこれほどまで展示場に予算を掛けるのかと言うと、モデルハウスは企業売り上げに最も影響する集客マシーンだからです。

休日に「気晴らしもかねて今後の参考に」程度の気軽な気分でモデルハウスを見学に行って、その素晴らしい空間にほれこみ、計画もないまま営業マンと話が進んで、気づいたら仮契約していたという人が意外と多いのです。

しかし、仮契約しても現実の予算はモデルハウスほどの内容にはほど遠く、本契約後、出来上がった建物で妥協させられるのが現実です。

前述したモデルハウス価格はメーカー販売価格で、原価はさほどかかりません。
モデルハウスに展示されている豪華な設備、展示装飾家具などは、メーカーの協賛で安く納入されていますし、他の取引業者もコスト負担を分担させられています。
集客力のあるモデルハウスは、設備や家具業者にとっても自社商品の格好の宣伝となるからです。

モデルハウスは、年々変化する流行のデザインや構造、設備などに対応し、3~5年で立て替えられます。
モデルハウスの建築費が1億であったとしても、5年計算で年間2千万円の減価償却の計算ですが、原価自体が安いので維持管理費を入れてもハウスメーカーとしては、集客力があるので充分に採算の合う戦略となります。

「モデルハウスを抽選で1名様に格安販売」のキャンペーンを行っても、キャンペーンによる顧客情報の収集が目的ですから、解体、移動、組み立て費程度で安く提供できるのです。
キャンペーンに応募する人達は、土地を持っていて、間違いなく家を建てる見込み客になりますからね。
最近は目先を変えて、「展示場先着1名1000万引き」なんていうのもありますよね。
でも、条件はいろいろと付いて完成後の常設展示場が目的だったりするそうです。

モデルハウスを見て家を建てる場合、魅力的なキャンペーンに目を奪われず、自分の資金計画とライフスタイルを良く検討して対応することが大切ですよ。
当然、モデルハウス展示のメーカーで建てれば、モデルハウス展示の費用の何割かを担うことになります。

最近、大手ハウスメーカーのモデルハウスを見て、アイランドキッチンの空間演出に大変気に入り購入した人が、キッチンの空間に合った間仕切建具を付けてほしいという要望がありました。
完成したばかりなのに不思議な話だなと思いましたが、訪問してみて納得しました。

アイランドキッチンの上部は、食器と食材の山となっていて食事スペースを兼用するにもままならず、リビングにダイニングテーブルが置かれていました。

このように、モデルハウスは夢を与えますがモデルハウスと同じ生活スタイルが出来るかどうか、実際のライフスタイルによる生活空間を想定しないで購入するとこのようなことになってしまいます。
特にアイランドキッチンは欧米でホームパーティなどを行う目的でできた形状です。
そのような習慣がなければ、食卓上の風景はかわりませんし、キッチン部の面積だけ広くとられるメーカー主導の一見豪華イメージ戦略に引っかかりますよ。

モデルハウス戦略の裏側をいろいろとかきましたが、モデルハウスの空間体験は家を建てる上で大変に参考になります。

夢を見るだけでなく、現実に沿った視点でハウスメーカーで家を建てる人も、モデルハウスを持たないメーカーや工務店で家を建てる人もモデルハウスはおおいに活用しましょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/141-d806f1d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。