家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住まいの寿命HOME > 家づくりノウハウ >住まいの寿命
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住まいの寿命
han0039-001_s.jpg
一般的に現在の建っている住まいの寿命は30年程度という話をよく聞きますね。
一体どこに根拠があるのでしょう。

高度成長期以後は住宅産業は大きく成長しました。

当時は住宅業者の提供する建売や、同レベルの注文住宅が多く建ちましたね。
このような建物は、住まいづくりの理念よりも、企業企画による利益優先の傾向があり、確かに30年程度の寿命であり、ローン支払い完了と共に住まいの寿命がつき、多額のリホームが必要とされたり、買い換えされたりしているのが現状です。
また、このような状況が当時は、金融公庫などの安定融資により、社会一般的に提供される住まいの通念でした。

在来工法は現在のような気密工事の意識は少なく、2X4も当初は気候風土の違いを理解せず外壁 直張りで問題が出て、通気工法なども出来ました。
また、現在の大手ハウスメーカーの建物も同レベル程度でした。

時代が進むにつれ、在来工法は柱が隠れていき、断熱工法やペアガラスなどで気密化してきましたが、在来も2X4も、またハウスメーカーの木質住宅、軽量鉄骨住宅においても、建材が工業二次製品の使用が主なため、シックハウス症候群の問題が発生しましたよね。

このように、住まいも時代と共に改良され、耐震基準も大地震の度に改良されて、現在の住まいの 寿命は大幅に伸びつつあると思われます。

しかし、前述した時代の建物でも30年程度では、ビクともしない建物もあります。

現実に私の家は、父の代に工務店で建てた在来工法住宅ですが、築35年たち私の代に一部増築 と断熱補強をしましたが、ローンを完済してもどこも問題ありません。
外壁のモルタルは何カ所かひび割れしてますが、雨漏れひとつせづ風雪に耐えています。
当時建築士ではなかったが基本設計は私がしたので、愛着もありマメに手を加えれば後30年は持つと思っています。

現在の住まいは、造り手側からの多くの情報提供で、見た目や構造、設備は立派になって完成度が高くなりましたが、完成度が高い分、住まいに手を加え維持していく意識が低いように思われます。

完成度が高くても工業二次製品で造られた空間は、完成と同時に劣化に向かっていき、自然素材よりもその進行は早いでしょう。

現在、中国やインド、または開発途上国の地球資源の大量利用が活発になっていると言われています。

限りある地球資源で家を建てても、将来、地球資源の枯渇と共に、リホームが困難になることも考えられますよ。

住まいの寿命を考えたとき、再生可能な資源で家をたて、人間と同じように住まいも年数と共に点検し、維持管理していく事が家にも愛着が生まれ、長寿命の家につながるのではないでしょうか。

「200年住宅法案」も具体的な施行令が出されますが、その効果の証明は何代か先の話になりますよね。
まずは身近にある先人たちの住まいづくりの知恵を学び、あなたの住まいに生かしてはどうでしょうか?

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/143-a89a290d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。