家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >雨漏れ点検・対策HOME > 住まいの情報 >雨漏れ点検・対策
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

雨漏れ点検・対策
han0008-003_s.jpg
梅雨の季節です。佐賀県では大雨で大変な状況になっていますよね。
これから大雨、台風などに向けて雨漏れ点検・対策を取り上げてみます。

住まいが雨漏れすると構造材や下地材に浸みて、カビが生えたり強度が落ちてしまいます。
また、居室に漏れてくると天井にシミが出来たり、大切な家具調度品や電化製品がだいなしになってしまう場合もありますよね。

住まいはは大昔から、自然の驚異から身を守るために造られた道具です。
当然、雨漏りする家では自然の驚異から身を守ることにはなりません。

新築の家が雨漏れがするかしないかは、一般の人には雨が降ってみなければわかりません。
また、普段の雨では漏らないが、一定風向きで漏ったり、強風の台風時には教科書通りの仕事をしても雨が防水対策箇所を乗り越えて吹き込む場合もあります。

雨漏れするような欠陥商品の場合は業者の対応に任せるとしても、建物が経年変化や地震、強風などの影響で、外壁やシリーリグなどに割れが入り雨漏れが発生する場合がありますので、居住者でも点検できる雨漏れ対策として、雨漏れ事例を参考にとり上げてみます。

1、サッシと外壁

  外壁サイディングとサッシの接点はシーリング材で処理されています。

  シーリング材は表面硬化していても内部は柔軟で建物のある程度の動きには追従できる材料で、
  表面にヒビが入っても、その面が硬化して対応しますが、大きく割れた り下地材が見える状態の
  場合は雨漏れしますので対処が必要です。

  アルミサッシも場合、一体成形の樹脂サッシと違い、工場出荷は部材だけで4隅をサッシ業者が
  加工して組み立てます。

  新築当初は問題なくても大きな地震などでサッシ接合部にスキが出来る場合があります。
  サッシ下側の両隅部に少量の水を掛け、水を吸い込ようであれあば対処が必要です。

このようにサイディングとサッシ、塗り壁とサッシというように異質な材料の接合部が雨漏れを起こしやすい部分ですのでサッシ周囲を注意して点検してみましょう。

2、塗り壁

  外壁は、特に古いモルタル壁などは、壁面及び目地などの割れに注意しましょう。
  壁面は雨が伝わって流れ落ち、針の穴程度の穴でも、風がふいて雨が浸透します。
  また、表面の塗装の寿命が過ぎて、壁面全体に雨が浸み、室内には雨漏れしないが下地材が
  腐食していた例もあります。

  昔のモルタル壁は厚く塗ったのでヒビが大きく入っても、壁の下地まで浸透せず雨漏れしないの
  が多いですが、最近の合板下地の場合、塗り厚が薄いので注意しましょう。

3、ベランダ、バルコニー

  ベランダは1階上部に合う場合、直接雨を受ける場所で、屋根と同じですから維持管理は
  大切です。
  ベランダ部で雨漏れが起きる場合、サッシ接合部、笠木、手すり部、排水金物部、
  床防水部など多くの箇所が考えられます。

  入居者の管理としては、床防水部に割れやヒビがないか、排水金物部にゴミや泥、
  枯葉などが堆積していないか注意してください。
  時々、笠木、手摺り、サッシ部分に水を掛け、水が浸みこんでいかないか点検するのも
  良いことです。

  特別な例としてこのようなことがありました。
  ベランダにプール状に水がたまりサッシを乗り越えて1階に雨漏れしました。
  原因を調査したら排水雨樋に子供用のゴムまりが詰まり、ゴミが堆積して完全に排水が
  詰まっていましたよ。

  また、ベランダに屋外設置用のコンクリート台座物干し掛けを置き、洗濯物をほしていました。
  ベランダは排水勾配があるので平滑ではなく、物干し掛けは風が吹く度に揺れていたと
  思われます。
  物干し掛けの台座の下の防水部が割れ、雨漏れしました。

4、屋根

  屋根は一般の方では雨漏れの管理は高所なので出来ません。
  風の強い日や地震の後などは、屋根の材料がズレたり、浮き上がったりしてないか
  点検してみてください。

最近の家は雨漏れというのを聞くことが少なくなりました。

高度経済成長期から家づくりが替わり、平屋から2階建て、木製建具からアルミサッシ、土壁がモルタルやサイディングに変化し、建て売り住宅が多く建ち始めた当初、台風通過の翌日には雨漏れ補修で屋根やベランダで作業している建築業者をよく見かけたものでした。

建物の構造がシンプルになり、雨仕舞いの研究も進み、シーリング材の性能も良くなってきましたが、建物の庇は短くなり外壁に雨が多く当たる構造となっています。

住まいの維持管理を考えた場合、雨の多い日本では雨に対する点検、管理が必要でしょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/150-8a38a764
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。