家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >健康住宅を考えるHOME > 家づくりノウハウ >健康住宅を考える
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

健康住宅を考える
23PHAA34.jpg
「健康住宅」「健康な住まい」など最近すまいの健康広告が良く目立ちます。
いろいろなサイトをよく見ると、健康住宅を唱える住まいには2通りの方向性がありますね。

一つは、建物を高気密・高断熱化して建物内部の温度差をなくし、ヒートショックによる人体への影響を少なくすることを健康住宅と称する建物です。

日本の建物は本来、夏の暑さを過ごしやすく考えられていて通気性は良く、間取りでも壁は少なく通し間、南面は部屋の全面が開放できる建具でした。

冬季には居間にコタツやストーブがあり、一室セントラルヒーティング状態で、廊下やトイレ水回りに行くと極度に温度が下がりヒートショックで脳溢血を起こす事が多く、特に東北地方では深刻な問題でした。

高度成長期以後建物の造りが変化し、部屋は建具ではなく壁で仕切られ、アルミサッシ、断熱材、外壁材の普及で気密が増していきました。

そこに、2x4住宅の普及や省エネ問題などで建物気密データー(Q値)が重要視され、高気密・高断熱住宅が登場しました。
建物は窓が小さくなり、壁が面積が多くなり、気密が良すぎるために「シックハウス症候群」の問題が発生し、合板、クロス、塗料、接着剤などの規制が厳しくなりましたね。

シックハウスは建材などから発生する、揮発性化学物質の影響で、ツンとした鼻をつくにおいや頭痛がしたり目が痛くなたりしますが、私の知人などは「それが新築の家の臭いだと思っていたよ」といっていましたよ。

確かにホルムアルデヒドなどの揮発性物質は一度発散するとその後は発生しません。
高気密住宅でない時代は、揮発性物質もいつの間にか大気中に消えてしまいました。

シックハウスの問題から強制換気の法律が出来、気密のよい建物に穴を開け2時間に1回は建物 全部の空気を入れ換えなければいけません。
この換気の風が冬場は寒く、機械を止めている人も多いと聞きます。

なにか家づくりが矛盾してはいないでしょうか?

健康を追求した家が、住む人と建物自体の健康をもむしばんでいるような気がします。


また、このような家づくりと共に、人間が自然エネルギーを得て、本来持っている免疫力や抵抗力、自己治癒力が低下して、病気にかかりやすくなったり、治りにくい体質になってはいないでしょうか?

屋内が人体に理想的な環境を求めても、屋外出たら自然に対する抵抗力がなくなっていたのでは なにもならないでしょう。
休日に子供は環境の良い室内で一日中テレビゲームでは、自然への抵抗力なんて考えれれないですよね。

ある書物に書いてありましたが、日本人が正月ハワイに大挙おしかけ一番困るのは現地の病院だそうです。
日本の殺菌した水や浄水器による水を飲んでいるので水が合わず、子供から大人まで下痢症状でせっかくのハワイ旅行がだいなしという人が大変多いそうです。
あなたにも経験ありませんか?

私たち日本人は便利さ、安全性、健康性を追求する余り、地球上の自然に生きていることを忘れかけていないでしょうか?

もう一の健康住宅は木材や他の自然素材を使用し、住まいに住む人の健康と、自然に開放的な空間をつくり建物自体の健康を考えた環境共生型の家づくりです。

住まいは人間を入れた容器といえます。
住まい自体が自然に解け込み、健康な状態であれば中に住む人も自然と健康な状態が保たれます。

健康被害を少なくする「健康住宅」ではなく、身体に抵抗力をつけ健康を育てる家づくりが今後求められるのではないでしょうか。

  





 
関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/153-ba41201c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。