家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >注文住宅にすると高くなる?HOME > 住まいの情報 >注文住宅にすると高くなる?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

注文住宅にすると高くなる?
b1goat004.jpg
「注文住宅で家を造ると高くなる?」とよく聞かれます。
一般的には注文住宅は高いという固定概念が出来てしまっているようです。

注文住宅ですから、自分の予算に合わせた家を注文して造れば、高い家、安い家、関係なく注文住宅といえるでしょう。

「注文すると高くなる」と言うイメージは、ハウスメーカーの規格品外の自由設計商品にいろいろ注文すると高くなるところから来ているように思われます。

現実にハウスメーカーの場合、自由設計商品といっても商品シリーズがあり、間取り、設備機器などを含めてシリーズラインに沿った設計内容が、打合せに合わせて提出されます。

この時点で商品シリーズから大きく違う内容は、オプション項目が多くなり高額となりますし、打合せで変更・追加が出る度に価格はアップしていきます。
自由設計といっても基本ベースがあり、顧客満足度と価格アップが比例して上がりますよ。

特にモデルルームでイメージを膨らませ、自分のライフスタイルに合った間取りを検討し、雑誌やカタログで夢を見せられ取り入れようとすると、たちまちオプションが発生します。

また、自由設計を唱っていても、「このシリーズではそれは出来ません」と明確に断られる場合もあります。
これじゃ何のための自由設計シリーズはわかりませんよね。

顧客のための自由設計ではなく、集客のための自由設計注文住宅の宣伝文句、自社利益確保のためのオプションであって顧客の予算に合わせての設計提案する姿勢にはなっていませんよ。

本来注文住宅とは、予算に合わせ、0から設計、設備器、仕様を検討して造る物ではないでしょうか?

良く「設計事務所に頼むと設計料が高い、もったいない」などという話を聞きますが、ハウスメーカー 自由設計シリーズで家を建てた人に聞いた最終金額では、建物内容と比較して設計料を支払っても工務店で家を建てるより高い場合が多いですね。

ハウスメーカーの見積もりは、本体工事(標準装備)が一式いくらで、他はオプションです。

本体工事の部材や工賃はブラックボックスとなっていて各工事項目の金額明細がわかりません。

一般に設計して注文住宅を造る場合、予算が合わなかったりすると、各工事項目の部材や金額をチェックし、部材の変更や予算のやりくりをして顧客と打合せながら進行していきますが、ハウスメーカーの場合はそのようには出来ないしくみになっています。

以前、工務店の社長に聞いた話で、このような話がありました。
大手ハウスメーカーと同じ設計図、仕様(一部同等品)で競争見積もりしたそうです。
規模も大きな建物で、工務店の社長は是非とも受注したく、下請け業者を集め図面を細部まで検討し、下請け業者の金額的な協力も依頼して絶対負けない金額を提出したとのことでした。

後日、施主方の主人から、「社長のところが新車1台買えるくらい安かったです、ありがとうございました。」と言う連絡が入ったと喜んでいました。

その後進展している様子がないので聞いてみると、施主方の奥様が、「友達が00ハウスで家を建てたので、工務店などではなく同じブランドでなくてはいやだ」という話で断られたそうです。

家づくりに対する考えもそれぞれですよね、「見栄」も財産の一つというところでしょうか。

この工務店、地元では腰が低く、アフターメンテが行き届いている評判の業者です。
後で人づてに聞いた話では、断った奥さんが「00ハウス完成後は一度も来ずアフターは下請け任せ、失敗した」といっていたそうです。

ハウスメーカー、ブランド維持のためには高くなるのは仕方がないのでしょうか?

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/154-96439f13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。