家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >現場監督の実態HOME > 建築現場 >現場監督の実態
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

現場監督の実態
kud0025-041_s.jpg
住宅の請負契約を交わして、工事が始まる前に担当の現場監督が紹介されます。
現場監督は、工事現場における工事、工程、資材、安全、などを管理監督する責任者です。

あなたの家づくりも、この現場監督の力量で内容がだいぶ左右されます。

私が見てきた監督でも、若くて知識不足の監督、年上の職人を指導できない監督、経験豊富だが業者となれ合いになっている監督、など様々で中には大変優秀でこちらが頭が下がるほどの監督もおります。

現場監督は以外と多くの会社を渡り歩いている人が多くいます。
これは、業界不況による受注減が影響し、仕事が減れば受注人員の営業よりも現場人員の削減に手が入れられ、解雇されるか営業配属などが考えられます。
このような人達は、他社での経験が豊富でも企業によって建物の構造、工法が違うのでとまどっている人達も多くいます。

住宅業界は、最低必要体制で現場監理体制を敷き、現場監督の現場監理の業務負担が増している傾向にあると思われます。

ビルなどの一般建築現場ですと現場事務所を設置し、現場常駐体制を取りますが、住宅の場合は現場事務所経費は当初から見込みませんから、車で転々と移動しながら一人で数棟の住宅を掛け持ち管理しているのが現状です。

現場で職人に聞いてみると、「監督は来ても直ぐ帰って行くよ」いう話が多く、多くの現場を持っている監督ほど、現場監督と言うよりは現場連絡係か資材運搬係みたいになっているようですね。

中には、施主が着工から完成までの間に、監督とは現場で一度も会ったことがなく、地鎮祭と引渡し検査の二度しか会わなかったという話もありますよ。

特に近頃は、「ISO登録」企業や大手ハウスメーカーは工事書類の管理が厳しく、工事内容の管理よりも、書類作成のための管理になっている傾向です。

大手ハウスメーカーの下請け業者がこのような話をしていました。

「最近は、現場の工事だけでなく、工事内容を自分たちでチェックし書類や写真まで提出させられるよ、チェックして後で問題が出ればこちらの責任、これじゃ現場監督なんていらないよな」

どうやら、監督は書類と写真で現場を管理しているようです。
またこのようなことも言っていました。

「以前からの社内検査だって、自分たちの設計ミスや打合せ、連絡ミスによる現場の問題は、わからにようにうまく処理してくれ、これじゃ第三者検査などの話が出て当然だよ」

どうやら第三者検査の導入は、住宅会社の現場監理体制の不備により、自ら招いた結果だったみたいですね。

現場監督さんこれからは何と呼ばれるのでしょうか?

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/159-cbfd33b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。