家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >建築家・建築士・設計者?HOME > 住宅設計 >建築家・建築士・設計者?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

建築家・建築士・設計者?
but0023-013_s.jpg
家を建てるときに、皆さんは簡単な間取りをパンフレットや雑誌などでみて、自分の家はどのような間取りがよいか考えたりし、ハウスメーカーの設計士に家族構成やライフスタイル、こだわりなどを伝えてプラン作成されたもの検討するのが一般的だと思います。

この過程において必ず担当するのが建築士や建築家と呼ばれる人達がいますよね。

タイトルに表示されているように、表現によって立場が微妙に違ってくる場合がありますので、私なりの解釈で説明してみます。

設計者

間取りや、簡単な概観イメージなどを考えれば設計者です。
しかし、家を建てるのに必要な法知識、構造知識がないと「絵に描いた餅」になってしまいます。

ハウスメーカーにフリープラン住宅を申し込んだ場合、1級建築士は挨拶だけで、専門建築士が間取りを考えるのでなく、担当営業マンや経験豊富な営業マンが、間取りを考えているのが一般的なのをご存じですか?

自社の商品シリーズ、日常業務で説明してる間取り、よほど特殊な要望でなければ、営業マンでも充分対応できる内容です。
< 建築士は間取りと仕様が決まれば確認申請提出のみ。

あなたの住まいを真剣に考えての提案プランなのでしょうか?
そこには、予算と営業ノルマをベースにした提案が見え隠れしているような気がします。

わからない所で、あなたの家の設計者は営業マン、あなたも少し勉強すれば自宅の設計者になれるかも知れませんよ。

建築士

1級建築士、2級建築士の資格を有し、建築の基本的事項を理解し専門的な実務経験をつんでいる人。
ハウスメーカーで担当する設計士、設計事務所の設計士などがあてはまります。

1級建築士と2級建築士の違いを簡単にいうと、300㎡以上の面積、高さ13m以上のものになると1級建築士でないと建てられません。

一般的な木造住宅の規模であれば、1,2級どちらでも問題はありません。
住宅設計は、1,2級を問題視するよりも、住宅設計実務をどれだけ経験し、実績があるかが大切で す。

逆に1級建築士でも住宅に関しては、ペーパードライバー状態の人も多くいます。

建設会社でビル、マンション、工場など専門に設計していて、一級建築士といっても住宅の設計は簡単にはこなせません。
安易に一級建築士だから安心という考えは要注意です。

建築家

この表現は大変難しく、以前は丹下健三、黒川記章、安藤忠雄・・といった建築界の巨匠といた人達 を表現しましたが、最近は住宅分野でも住宅作品のデザイン性が高い建築士を、建築家と称していま す。

別な基準としては、「日本建築家協会」の会員であれば建築家という解釈もありますが、大変に規約 ハードルの高い協会で、優秀な建築家でも入会しない人も多くいます。

このような建築家に設計を依頼する場合、工事監理を含めた設計料は高額となりますので、設計料率を確認の上、資金計画に余裕をもった対応がひつようでしょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/172-0b7d1213
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。