家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >土地取引の実体HOME > 不動産の知識 >土地取引の実体
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

土地取引の実体
obt0059-002_s.jpg
不動産業界の動きを見ていると、日本は本当に国土が狭く、土地不足を実感します。

狭い国土に人口が多く、土地の需要が多くても土地不足、特に住宅地の造成を見ていると年々狭小化の傾向にあり、特に都市部でその傾向は顕著になっています。



一般の方が自分で土地を探そうとしてもなかなかオープンな情報は入らず、地主、売り主側の利益確保の立場にいる、不動産会社の情報に頼るのが現実ですよね。

一般の土地購入者はスタート時点から不利な立場にいるといえるでしょう。

例えば不動産会社自体、土地不足から売り主サイドの情報を収集し、買い主を探して仲介した方が、買い主側の特定条件で土地を探すよりも、手っ取り早く効率が良いからです。

不動産取引の仲介手数料は、売り主、買い主それぞれから物件価格の3%+6万円と法律で決められています。
同じ手数料なら効率の良い売り主サイドの情報を優先しますよね。

不動産会社を訪ね、希望条件で土地探しを依頼しても、いつまでたっても連絡が入らないといった経験はありませんか?

不動産取引の形態は大別すると下の3つに分けられます。

1,不動産会社の土地販売

  買い主は不動産会社との直接取引となり、仲介手数料は発生しません。
  この場合不動産専門の業者との直接取引なので土地に関する知識や法律を学んでおく必要が
  あります。
  最近は聞かなくなりましたが、以前は法律的に家の建てられない土地を売りつける
  悪徳不動産業者も存在しました。

2,不動産会社の仲介物件

  土地の売り主から依頼を受け、不動産会社が買い主を探す形態です。
  この場合不動産会社は、売り主、買い主の双方から仲介手数料を得ることができます。
  不動産会社は双方の代理の立場ですが、売り主の利益優先を考えて買い主を探すから
   買い主の権利がおろそかになりがちです。

3,他の不動産会社の物件仲介

  不動産会社が自社で買い主を探せず、他の不動産会社が買い主を見つけて取引が
  成立する形態です

  売り主から依頼を受けた不動産会社は売り主側の条件で買い主を探し、買い主から依頼
  された不動産会社は買い主側の条件で土地を探し、条件が折り合って成立する形態です。
  この場合の仲介手数料は、それぞれの不動産会社の取引相手(売り主、買い主)のみに
  発生します。
  不動産業界用語では、2の場合「両手」、3の場合「片手」と表現します。

このように住宅地不足から土地は売り手優先市場となっており、特に条件の良い土地は売り手側や不動産業者側の操作による、分譲住宅地や建築条件付きといった状況で、良い土地だけ欲しいといっても困難な状況にあるのが現状でしょう。

土地の「掘り出し物」は安い中古住宅付き物件を探し、建物を解体して家を建てる方が増えているそうですよ。

  





関連記事

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/175-a4a67ee0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。