家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >変動金利の恐怖HOME > 資金計画 >変動金利の恐怖
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

変動金利の恐怖
b14vickysheperd055.jpg
現在の住宅ローンの数は3000種以上といわれています。
一体どれを選べばよいのやらわからない数ですよね。

でも、基本的には固定金利と変動金利の2種類で、全期間固定、固定選択、固定・変動組合せ、変動のパターンがあります。


固定金利は、全期間か一定期間金利は変わりませんが、変動金利は市場の動向によって金利が上下します。

一般的に変動金利は固定金利よりも低く設定され、銀行のキャンペーンなどでも優遇金利、団体信用生命保険無料など様々な美味しそうな内容がありますよね。

じゃ、変動金利が得かというとそうではありませんよ。

変動金利は景気の動向に左右されるので、株のようなものです。

景気の先行きは経済評論家でも的確には指摘できないし、株にしてもプロでさえ大損することがあるのです。

このような性格を含んでいる変動金利は怖いローンだとの認識が必要です。

住宅会社のチラシで、「現在の家賃並みの支払いでマイホームが・・・」といったのを見かけませんか?
よく見ると、下の方に「3年間固定金利1%で試算」と表示があったりします。
これは、3年後には金利は1%でなくなり、月々の支払いが何万も増えてしまいます。

また、変動金利の怖いのは「未払い利息」です。

月々の支払いは元金と利息が合算されたものですが、変動金利の場合半年ごとに景気の動向によって見直されています。

しかし、毎月の支払いは5年ごとにしか見直ししませんし、支払額が増えても家計を圧迫させないため、前の支払額の1.25倍までときめられています。

このため、支払っている側は半年ごとに金利が変わって、利息と元金の割合が変わっていることに気づきにくくなっています。

金利が上昇すると、最悪、利息の割合が毎月の支払額を超えてしまう場合があります。
これを「未払い利息」といい、月々支払っていても元金は全く減らず、逆に利息
(借金)が増えていく状況になりますよ。

ローン申請時点で金利が下がる傾向の場合は、高いままの固定金利を組むよりも、変動金利を利用したり、固定と組み合わせるのは良いでしょうが、現在のような超低金利時代は、これ以上下がるのは望めず、逆に上昇する傾向にあります。

変動金利では、将来のライフプランも大きく見直しを求められるかも知れませんし、最悪ローン破綻などにならないようにする意味からも、リスクは最小限に押さえ、変動金利よりは長期固定金利ローンで安心を求めた方が良いでしょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/180-42bd1601
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。