家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >土地の履歴、経歴HOME > 不動産の知識 >土地の履歴、経歴
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

土地の履歴、経歴
umi0099-024_s.jpg
土地は宅地造成地や現状宅地など、売り出されている現況はきれいに整地され、同じような状態であっても、宅地造成以前の地盤状況によっては、地耐力不足、水はけが悪い、地盤沈下、食物の生育不良など様々なことが考えられますよ。


土地を選ぶ場合、以前の履歴、経歴によってどのような問題が考えられるか述べてみます。

1,田んぼ、沼などの湿地帯埋め立て地

  このような土地は一般的に地盤が弱くなります、家を建てる時は、地盤改良、杭工事などが
  発生することを前提に購入を考える必要があります。

2,大きな河川の周辺

  大きな河川の周辺は、護岸工事など無かった時代は、大雨が降るたびに蛇行を繰り返し、
  現在の河川周辺が川底だった時代があったりします。
  このような場所も地盤は弱く、1と同じような考えが必要となりますよ。

  1,2のような場所は、不動産業者、地盤調査業者、近隣住民に地盤の状況をよく確認しましょう。

3,山地造成宅地

  山地を開発造成して造られた住宅地は「切り土」「盛り土」の二つに分かれます。
  「切り土」は地盤が安定していますが、地盤の状況によっては水はけが悪い土地などもあります。

  「盛り土」の場合は、長期間における圧密沈下などが想定され地盤改良や杭工事が
  発生する場合もあります。

  山地造成宅地で要注意の宅地は「切り盛り境界宅地」で、敷地内に「切り土」と「盛り土」
  の境界線がある場合は、「盛り土」中央部宅地よりも「すべり沈下」による地盤沈下の影響が
  出やすい場所です。
  このような土地を購入する場合は、宅地開発業者より造成時の「切り盛り図」がありますから、
  見せてもらうようにしましょう。

  また、旧炭田地域の山地造成地では、「盤ぶくれ」という現象が見られます。
  これは、「切り土」部分の宅地が家を建てることによって、吸水性を失い地盤が乾燥し
  岩盤が粉末状に砕け、建物基礎部の束などを持ち上げてしまいます。
  一説には鉄バクテリアの影響という人もいますが、原因は究明されていません。
  このような地域は少ないですが青灰色の地盤が露出している場合は注意しましょう。

4,競売物件

  土地を売り出す場合、売り主によって様々な理由がありますよね。
  最近多いのが「競売物件」、周囲の土地相場よりも安く提供されています。

  この競売物件、以前の土地所有者が借金の返済が出来なくなったり、事業で破産したり、
  その連帯責任者だったりして、土地を差し押さえられ、裁判所から売りに出ている物件です。
  このような土地は、「縁起が良い、悪い」の判断になりますから、気にしない方は土地を
  相場よりも安く求められますし、気にする方は競売に至る経過を確認して判断して下さい。

  また、競売物件の場合、価格が安いので不動産業者や建設会社が落札して、宅地販売や
  建物を建て分譲住宅として販売している例も多く見られます。

このように、表面がきれいに化粧された土地でも過去の歴史では様々な顔を持っています。
あなたの家づくり計画で、土地の選択する場合の検討事項として下さい。

  





関連記事

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/193-3912c91f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。